RSS | ATOM | SEARCH
2018年春を先取り 鹿児島路 番外編

東九州自動車道を走っておりますと

 

 

『田野』の辺りで このような風景に出会いました

 

 

 

 

何かを干すものだろう・・・とは思いましたが

 

 

後に SAでもらった地図の表紙で 判明!!

 

 

 

 

なるほどね!

 

 

田野の風物詩

 

 

田野と言えば・・・ 『萬年』『3S』を醸し出す 「渡邉酒造場」さんがある地区ですね。

 

 

以前お伺いして早何年?!

 

 

宮崎の会で出逢うと 「明日よかったら来ます?!」と気軽にお誘いいただくのですが・・・

 

 

お言葉に甘えて 近々またお伺いしたいですね。

author:焼酎女将, category:2018年 2月 鹿児島, 19:34
comments(0), trackbacks(0), - -
2018年春を先取り 鹿児島路

さてさて

 

 

海上距離67キロ 乗船時間2時間25分

     (宇和島運輸フェリーのHPをリンクしています。旅の一計に!!)

 

 

     (避難場所も キッチリ!チェック!!)

 

 

小旅も終わり 八幡浜港に着きました。

 

 

下船後 まっすぐに松山に向かいます。

 

 

今回の旅の目的のひとつでもある 松山のイタリアンのお店での食事

 

 

事前に予約もしっかりとって バッチリの体制で臨みます

 

 

温泉でひとっ風呂浴びて お腹も適度な空腹感を醸し

 

 

お店に歩いて向かいます

 

 

松山って イタリアンのお店が多い???

 

 

歩いていく途中 何軒のイタリアンを通り過ぎたか・・・

 

 

 

 

黒板を目印にお店を見つけ 店内にいざ!!

 

 

来たかった場所に来ると なんだか自然と笑みがこぼれますね。

 

 

予約の段階でオーナーシェフがいらっしゃらないのは聞いていて 「会いたかった」と残念でしたが

 

 

「Dちゃんというシェフが居ます。 腕は抜群ですからご心配なく楽しんでください」

 

 

とコメントをいただいていましたので・・・ ルンルンの潜入?!でした (笑)

 

 

ひとつひとつのお料理に 素材の吟味から手の加え方まで意味があって

 

 

「へェ〜〜」 「ホォ〜〜」 といただきました。

 

 

素材の吟味に始まり 美味しいものは より美味しく!!

 

 

誠意ある料理と料理人に 久々に出会いました。

 

 

興味ある豚にも出会いました・・・。

 

 

Dちゃんと奥様との会話も弾み弾み お腹も心も満腹 💛 

 

 

 

 

軽く酔い酔いのおやじ・・・は 斜に構えてカメラ待ち?!

 

 

「必ず! また来ます!!」 と言葉を残してホテルに向かいました。

 

 

 

そうそう! ホテルのネット予約時に

 

 

『狭いタイプ』と書いてあり・・・ 

 

 

「何が狭いのか? ベットサイズ?部屋のサイズ?」 とちょっと楽しみにしていたら・・・

 

 

ベットはOK! そのベットが所狭しと並んだ室内は 蟹さん歩きでないと移動不可能 (笑)

 

 

 

 

この写真も ローカに出て外からパシャリ!! ちょっと笑っちゃいましたね。

 

 

まぁ〜寝るだけなのでOKですし このホテルを予約したのは温泉目当てでしたから無問題です

 

 

大浴場(温泉)は楽しませていただきました。

 

 

 

気持ちよく眠りにつくと 目覚めも良く!

 

 

朝食をいただき 出発!!

 

 

 

 

旅先で時間があれば 必ず立ち寄らせていただくのが・・・

 

 

と、言うことで 地図を確認するとホテルのすぐ近く

 

 

     愛媛県護国神社

 

 

 

 

 

 

早朝の静かな境内で 静かにお詣りさせていただきました。

 

 

その後 今治に向かいました

 

 

おやじの大学時代の友人が営んでおられるお店訪問

 

 

そして

 

 

今治に来たのだから・・・と

 

 

     今治焼豚玉子飯

 

 

 

 

 

 

B級グルメとして イベントに出店も多いですね。

 

 

中華料理店のまかない飯であったという。

 

ご飯の上に焼豚を置き、半熟の目玉焼きをのせ、甘いタレがかけてあります。

 

 

50を迎える私たちには・・・ なかなかのボリューミーさ (驚き))))

 

 

 

帰りは 初の 『しまなみ海道』 を走行

 

 

 

 

ここで とんだ災難に遭遇・・・

 

 

しまなみ海道も終盤・・・というところで なんと!どこから飛んできたか!!

 

 

フロントに 飛び石!!

 

 

当たり所が悪くて 走行と共に ヒビが・・・伸びていく(汗)

 

 

給油に寄っても 「フロントは拭かないでください」とお願い。

 

 

「あらら・・・ ほんとうですね・・・」

 

 

 

最後の最後に とんだ災難でしたが

 

 

今回の旅も 大変充実したものでした

 

 

鹿児島でのイベント参加に 挨拶の場を賜る大役

 

 

訪れたかった 『国分酒造』 訪問

 

 

味わいたかった 松山のイタリアン

 

 

どれもこれも 身となり骨となりました💛

 

 

お会いした皆さま お時間をとってくださった皆さま

 

 

本当にありがとうございました

 

 

感じたこと 今後焼酎の味にのせて 伝えていきます!

 

 

これからもよろしくお願いします。

 

 

 

今回 4泊(船上1泊)5日の旅 

 

陸走887キロ + 洋上約562キロ

 

 

2月の終わりの旅の報告が 8月の終わりに終了となり

 

毎度のことながら 長期戦でしたが

 

お付き合いありがとうございました。

 

 

次なる旅が 目の前に迫ってきました。

 

またまた 現場の空気を感じてきますね。

 

 

では 今回の旅ブログも お付き合いいただきありがとうございました💛

 

 

author:焼酎女将, category:2018年 2月 鹿児島, 14:29
comments(1), trackbacks(0), - -
2018年春を先取り 鹿児島路

楽しかった時間を胸に 就寝・・・

 

 

熟睡でございました。

 

 

朝食をいただき 出発!!

 

 

 

 

お天気も良く ご機嫌な走り

 

 

走り慣れた道で都城を通り抜けます

 

 

最近 毎年走っている道です。

 

 

途中から霧深くなってきました

 

 

まさに!!  『霧の霧島』 とシャッターを押しました (笑)

 

 

 

 

着いたのは フェリー乗り場 大分県の臼杵港

 

 

最近利用が増えてます

 

 

大分県臼杵港 ⇔ 愛媛県八幡浜港

 

 

 

 

着いた時にも 出航前のフェリーがいましたが 関係なく駐車

 

 

「オレンジじゃなかと?!」

 

  「オレンジじゃないです」

 

 

ここの港には オレンジフェリーと宇和島運輸の船が着きます。

 

 

しかし 今回の目的は

 

 

昨年の年末に就航した 新船「あけぼの丸」への乗船でした。

 

 

 

 

乗船して ビックリ!!

 

 

2時間ほどの乗船にはあまりある豪華さでした

 

 

乗客が少ないことをいいことに 船内をくまなく見学

 

 

船が出ます!!

 

 

   「またね!! 九州!!」

 

 

 

 

いつもの如く 毛布をレンタルしに行くと・・・

 

 

立派な布団でした (@ ̄□ ̄@;)!!

 

 

「えっ! 毛布じゃないんですね?!」 と思わず言っちゃいました 笑)))

 

 

いつも2枚ずつで4枚借りるのですが あまりのボリュームに係りの方が運んでくださいました

 

 

 

 

 

おやじはいつもの如く すぐにお腹を満たして 出航前には就寝・・・

 

 

 

年々フェリーの利用が増えていますね

 

 

夕方出て朝に着く1泊2日のフェリーはもちろんですが・・・

 

 

こうした2時間前後の移動のフェリーが増えてます。

 

 

休憩にはいいですよ!!  どうぞご利用ください!!

 

 

その折には レンタル(1枚100円前後)で毛布を借りてください

 

 

思う以上に 身体が休まりますよ。

 

 

     つづく

author:焼酎女将, category:2018年 2月 鹿児島, 15:55
comments(0), trackbacks(0), - -
2018年春を先取り 鹿児島路

昨年の2月 ご縁あって 

 

 

国分酒造さんの杜氏 安田氏と永山氏に出会った。

 

 

私は じっくりと一時間以上にわたり 安田氏とマンツーマンでお話をした。

 

 

7月には 社長笹山氏とも 出会った。

 

 

そして

 

 

出会いと共に 国分酒造さんの焼酎が 当店のラインナップに仲間入り!!

 

 

すぐに 魅力にハマる呑み手たち💛

 

 

これは 急ぎ お伺いしないと!! ということで今回の訪問となった。

 

 

 

 

 

 

「昨夜は鹿児島で呑んじゃって・・・ いまいち不調なんですよねぇ〜」 とおやじ。

 

 

「わたしも 先日呑み過ぎちゃってね」 と安田氏。

 

 

こんな再会のスタートでした。

 

 

少しばかりお話したところで 現場を見せていただくことに。

 

 

原料の芋の試作苗から 麹米の試作稲の話に始まり

 

 

黄金千貫(原料芋)以外の芋を使って仕込む安田氏の気持ちを聞いて

 

 

ちょっと笑っちゃいました!

 

 

「こんなこと言っては失礼ですが らしいと言えばらしいですね(笑)」

 

 

 

 

 

いつものように 写真の許可をいただき たくさん撮らせていただきました

 

 

が、いつものようにネット上にはアップいたしませんので

 

 

興味がある方は 来店時にお声をかけてください

 

 

たんまりと撮った工場内を 見ていただけますよ。

 

 

 

 

ひとつひとつ丁寧に説明をしてくださいます

 

 

おやじとの焼酎論も熱く! 笑顔こぼれる時間を過ごさせていただきました。

 

 

ちょっと興味あるモノを・・・

 

 

「運転はどちらが?!」 の問いに

 

 

間髪いれずに 「主人がします」

 

 

 

と、いうことで・・・

 

 

香りを楽しむだけのおやじの ちょっと恨めしそうな顔

 

 

じっくり味を利く私に 質問攻め (笑)

 

 

 

 

ひとくちつけて 口の中で転がし 「これはぬるめのお湯割りが愉しめますね」 と。

 

 

「ちょい加水の よ〜く冷やしてもおいしいですね」 と、感想を話しました。

 

 

度数ありますが そのほうが味の深みが解りやすく

 

 

(割った時の味の伸び幅が)イメージをしやすいので好きです。

 

 

これを口にできる機会なんてないですから! と全部いただきました (笑)))

 

 

 

 

安田氏がこのお気持ちで取り組まれているなら

 

 

わたしなんて まだまだひよこならぬ卵か???!

 

 

早く殻を割って・・・ 頑張らなきゃ!!

 

 

 

 

現場の中で・・・ そして事務所に戻って・・・

 

 

夜はみんな揃って 焼酎を呑みながら 熱い話は続きました。

 

 

造り手の話を聞き より国分酒造さんの醸し出す焼酎への私なりの理解が深まりました。

 

 

私たちも 割り手としての話やカウンターでのお客様の話をいろいろとさせていただきました。

 

 

「呑み手に一番近いところにいらっしゃる方の話は参考になります」

 

 

と、笹山社長が言ってくださいました。

 

 

 

 

 

一日 時間をとってくださり 本当にありがとうございました。

 

 

とても充実した貴重な時間を過ごさせていただきました。

 

 

私たちの感じたことを 味に乗せて お客さまに伝えていきたいと思います。

 

 

また お伺いさせていただきます。

 

 

これからもよろしくお願いします。

 

 

追伸:安田氏との現場での熱き話に すっかり元気回復したおやじでございました

 

   特効薬でございます(笑)

author:焼酎女将, category:2018年 2月 鹿児島, 15:38
comments(0), trackbacks(0), - -
2018年春を先取り 鹿児島路

夏真っ盛りの季節ですが (汗)

 

 

暦の上では 今日は立秋です

 

 

少しは 涼しさが姿を見せるのでしょうか?!

 

 

次の旅の計画が立つと いつもながらに いそいそと前回の旅の日記を書き始める・・・

 

 

と、いうことで (笑)

 

 

今まだ 2月の旅の続きです

 

 

 

 

鹿児島神宮を訪れ まだ前夜の疲れを残すおやじは 車内にて仮眠

 

 

私は 前回 万膳さんに教えていただいた 田の神様に会いに行きました。

 

 

神宮に沿って歩きます

 

 

 

 

坂本龍馬とお龍が 歩んだ道

 

 

「日本最初の新婚旅行」と言われている道 ですね

 

 

 

神宮の裏手に来ると 『鹿児島神宮 神田』 があります。

 

 

 

 

私が 今一度 会いたかった 『田の神様』は この神田の奥にいらっしゃいます。

 

 

 (奥の立て看板の所です)

 

 

 

 

     『宮内の田の神』

 

 

 田の神像は 旧薩摩藩の領内にのみ見られる南九州独特の神様と言われています

 

 米麦などの五穀豊穣をもたらす神様です

 

 この田の神像は 高さが83センチあり

 

 顔は田の神舞の翁面に似ています

 

 大きなシキ(蒸しものをするとき 蒸し器の下に敷く)を頭にかむり

 

 右手にしゃもじをかざし

 

 左手には飯椀を持っています

 

 西暦1781年 今から237年前の田の神像です

 

 春の農耕が始まる頃 山より里に下り 

 

 秋の取り入れが済むと 再び山に帰るものと

 

 信じられています

 

 

ここから 桜島 が見えました

 

今日は お天気が良く はっきりとした姿です

 

 

 

駐車場に戻りましたが まだ休憩中のようなので・・・ 鳥居をくぐって・・・

 

 

 

 

一の鳥居までは行きませんでしたが

 

 

ちょうど間に 小学校があります

 

 

 

 

昔 ここには 弥勒院というお寺があったそうです

 

島津藩の時代 廃仏毀釈により なくなりました

 

残った建物の一部が 明道館と言う名の勉学の場となりました

 

これが 今の学校の歴史だそうです

 

 

 

 

 

さてさて 約束の時間が近くなってきました

 

 

おやじも少しばかり元気を取り戻したようです

 

 

では 行きますか!!

 

 

この旅の 一番の目的の場所に

 

 

     つづく

 

 

 

author:焼酎女将, category:2018年 2月 鹿児島, 13:54
comments(0), trackbacks(0), - -
2018年梅雨入り前の松尾大社物語

ひっさびさのブログですが・・・

 

 

先日 5月27日 京都は松尾大社に出向きました。

 

 

別ブログで書いておりますので リンクを貼っております。

 

 

どうぞ 下記からたどってみてください💛

 

 

   『戦国焼酎グランプリ』

 

2月の旅ブログも この後綴っていきますので(汗)

 

 

どうぞ 気長にお付き合いください (⋈◍>◡<◍)。✧♡

author:焼酎女将, category:焼酎イベント, 18:20
comments(0), trackbacks(0), - -
2018年春を先取り 鹿児島路

旅の後は 一か月なんてすぐ経つもので・・・(汗)

 

 

 

たっぷり睡眠をとっての朝

 

 

おやじ まだ不調・・・ 朝食も 味噌汁のみ・・・

 

 

てか、味噌汁が精一杯・・・(汗)

 

 

鹿児島の街は 月曜日の朝

 

 

いつものように 路面電車やバスが ひっきりなしに往来します。

 

 

 

 

海岸沿いの道路からは

 

 

昨日は雨で曇っていた為に見えなかった 桜島 もくっきりと!!

 

 

 

 

鹿児島を訪れている間は 大きな噴火もなく

 

 

屁が(灰が)降っちょる・・・ 遭遇しませんでした。

 

 

 

今日の予定は 昼過ぎのアポでしたので

 

 

気分転換もかねての ゆったり時間に 訪れました。

 

 

     『鹿児島神宮』

 

 

 

 

 

 

本殿は 宝暦6年(西暦1756年)

 

島津重豪によって 再建されたとされる

 

県内最大の木造建造物

 

 

造りは 平安時代の「延喜式」

 

本殿 拝殿 勅使殿が一直線に並ぶ荘厳な造り

 

 

御祭神は

 

天津日高彦穂穂出見尊(山幸彦)

 

豊玉比売命

 

 

 

 

 

本殿につながる拝殿は 縦長で

 

天井の格子には 花や野菜等が 色彩豊かに描かれています

 

 

 

 

 

 

 

静かな境内でのお詣り。

 

 

『鹿児島神宮』は以前 万膳さんに 案内していただきました。

 

 

その頃とは 私の歴史への意識も違うので

 

 

今一度 お参りさせていただきたい 空間でもありました。

 

 

 

さて、

 

 

ここで おやじは 車の中で仮眠に入りましたので

 

 

ここからは しばらく一人で 辺りをブラブラ・・・

 

 

     ブラブラつづく

author:焼酎女将, category:2018年 2月 鹿児島, 16:42
comments(0), trackbacks(0), - -
2018年春を先取り 鹿児島路

天気予報通り 雨が降り始めた宮崎港に

 

 

予定通り入港です。

 

 

 

 

港内での転回には タグボート 『YODO MARU』がアシストします。

 

 

 

 

街のこの風景。。。「THE宮崎」ですね。

 

 

 

 

いつもの走り慣れたコースで

 

 

宮崎自動車道に乗り 『都城』で降ります。

 

 

下道(国道10号線)を走り 『末吉財部』から東九州自動車道に乗るのが

 

 

私たちの 宮崎から鹿児島に入る 最短と思われるルートです。 

 

 

予定通り 鹿児島に12時に着き チェックインだけ済まし 会場入り

 

 

もう3年連続の参加となる 鹿児島の酒屋さん主催の 焼酎の会

 

 

  『酒文化向上集会』

 

 

 

 

今回は 焼酎の蔵元さんとの会ではなく

 

 

酒屋さんの従業員さんが各々 

 

 

『自分の思い入れのある一酎をプレゼン』 という趣向。

 

 

一酎に絞るのも大変だったでしょうが・・・

 

 

みなさんが言葉を選び 熱く語られるその姿は

 

 

焼酎を愛し 職場を愛する気持ちが伝わってきました。

 

 

 

そうそう・・・

 

 

今回は 出発の3日前に 一本の電話が・・・

 

 

「乾杯の挨拶お願いします!」と。

 

 

 

 

乾杯の挨拶なのだから・・・会の最初と思いきや

 

 

微妙な(笑)序盤の後半・・・

 

 

みなさん もう呑みたいモード発進!!

 

 

おやじも 色々用意していた言葉も飲み込み お急ぎカンパァ〜〜〜イ!!

 

 

 

そうそう!!

 

 

鹿児島のほうが 春に近いから 服の色も皆さん春色かと思い

 

 

2人とも 白を主体に合わせました。

 

 

しかし・・・

 

 

意外に 逆に 白で目立ってしまいました(笑)

 

 

まぁ〜 これまた春の先取りで 『桜の刺繍に鯉の刺繍』

 

 

これが・・・ 特に目立ったようですね(笑)))

 

 

そう言えば・・・ 昨年 どこかで聞かれたなぁ〜

 

 

「姫路の人は みんな そんな刺繍の服やジーパンなんですか?!」 って💛

 

 

 

 

 

 

焼酎の話を熱く語りながら・・・

 

 

「しかし あのタイミングの乾杯はないぞぉ〜〜〜」 と苦言?!

 

 

 

鹿児島の方々が どんな空気感で芋焼酎を楽しまれているかが

 

 

とても感じられました。

 

 

私たちも 一緒に楽しませていただきました。

 

 

で、

 

 

いつものように 2次会に・・・。

 

 

会の反省会及び焼酎についての 熱い語りの会

 

 

毎年 いい刺激をいただきます。

 

 

声をかけていただき 本当にありがとうございます。

 

 

会同様 この時間が大変楽しみであります。

 

 

しかし・・・

 

 

ここで おやじが急速に不調に・・・(苦笑)

 

 

例年の3次会は辞退して ホテルに戻る。

 

 

と、いうことで

 

 

この夜も 21時半頃には 布団の中。

 

 

なかなか 普段ではありえない健康的な就寝時間であった。

 

 

     ゆっくりつづく

author:焼酎女将, category:2018年 2月 鹿児島, 18:22
comments(0), trackbacks(0), - -
2018年春を先取り 鹿児島路

旅の色々な想いにふけっていると

 

 

あっという間に 時間が経ってしまっていた。

 

 

そろそろ 写真を整理しつつ 書き始めようか・・・(笑)

 

 

今回の旅のスタートは 宮崎カーフェリー への乗船

             (リンク貼っております。旅の一計にどうぞ。)

 

2013年9月の乗船時は 大阪は南港からの出航だったが

 

 

今は 神戸・三宮からの出航である。

 

 

  神戸19:10発 → 宮崎8:40着 (月〜土)

                     (日曜日は18:00出航)

 

 

  洋上 約495Km の旅である。

 

 

 

24日店の片づけを済まし ちょっと早めに出発して 神戸の酒屋に。

 

 

今年初の訪問だったので 色々話し込み 時間も近くなったので・・・

 

 

「もう 今日は帰るの?!」 の質問に

 

 

「いえいえ 今から 三宮をフェリーで出て 明日の朝は宮崎ですよ(笑)」

 

 

「え゛っ?!」

 

 

驚く店主をほったらかしにして 「行ってきます!!」と店をあとにする。

 

 

 

三宮のフェリーターミナルは 新しい建物で暗くなり始めた港で浮かび上がり

 

 

いわゆるフォトジェニックだったのですが(使い方あってるのかな?)

 

 

 

ご覧の通り・・・

 

 

乗船車を停める場所からは遠く 乗船手続きにちょっと小走りであった。

 

 

帰ってくると 乗船が始まっており 居残り組?なんてね(笑)

 

 

しかし

 

 

船外、船内の係りの皆さん とても丁寧な案内で アットホームな空間。

 

 

 

 

旅の始まりには 大事なことです!!

 

 

 

 

乗船後は まずは風呂でのんびり・・・。

 

 

風呂から出てくると 出航のタイミング。

 

 

おやじの気持ちは知りませんが・・・

 

 

恒例?! 甲板デート

 

 

 

 

「地元に居ながら なかなか神戸の夜景は見ることないなぁ〜」 とおやじ。

 

 

20代・・・ 六甲に夜景は見に行ったが💛・・・ (関西人あるある?!)

 

 

洋上からの 港の夜景は これまた格別の景色。

 

 

 

判ります?! 観覧車の中に リスが走っていますよ。

 

 

 

 

こうして 船旅でもなければ おやじと夜景を楽しむこともなかったかも・・・。

 

 

船旅好きの2人で良かった (⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

 

ひとしきり 愉しんで 思い耽って・・・

 

 

夕食タイム(バイキング形式)

 

 

宮崎カーフェリーだけあって 焼酎は 『霧島20度 宮崎限定』紙パック!

 

 

 

 

ざっくり割って ざっくり呑み。

 

 

肴は バイキングで 野菜メイン。

 

 

前回の反省を活かし?! 飲み過ぎないように・・・。(大笑)))

 

 

こうしたシチュエーションでの 『霧島』のパフォーマンスは GOOD!!

 

 

 

21時頃 まだ紀伊水道・・・

 

 

しかし 睡魔に任すままに ベットにはいる。

 

 

2等寝台なので 2段ベット

 

(この日は 乗船客が多いため 上下段になった。 

 

 基本 下2つの設定になる。) 

 

 

12人の相部屋ですが みなさん旅慣れか 静かで過ごしやすい。

 

 

途中起きるかと思いきや 朝6時前まで ぐっすり眠る。

 

 

そういえば 母がメールに書いてたな・・・

 

 

『日常の寝不足を 旅で解消してきてください(笑)』

 

 

 

船はそれなりに色々と乗船しているが・・・

 

 

欲を言えば・・・  

 

 

新会社移行後の 2022年就航予定の新造船に期待をよせる。

 

 

     気長に(笑)つづく

 

 

 

 

author:焼酎女将, category:2018年 2月 鹿児島, 18:06
comments(0), trackbacks(0), - -
2017年秋深まりし 48時間宮崎路

地図無しで行ける蔵 着きました!!

 

 

毎年 訪れる蔵 今年も訪問。

 

 

まずは

 

 

うめにご挨拶

 

 

 

 

うめも判っているようで エンジン音に 小屋の中からチラリと・・・

 

 

ドアを閉める音で しっぽフリフリやってくる。

 

 

2018年は戌年 うめの主役の年だ!!

 

 

いつもの カウンターでおしゃべり

 

 

「宮崎には 何で?!」

 

 

  「焼酎ノンジョルノ宮崎 です。」

 

 

「どうでした?」

 

 

  「また行きたい! イベントでしたよ」

 

 

「あっ! 11月1日 大分も 「焼酎の日」イベントしますよ。」

 

 

  「今日は30日・・・流石に そこまで滞在できません(笑)」

 

 

「では 来年待ってますよ(笑)」 

 

 

 

 

藤居醸造の 藤居ご夫婦と談笑

 

 

話は多岐にわたり

 

 

焼酎のこれから イベントの在り方について 子供の話

 

 

 

 

 

 

そうこうするうちに 子供たちも学校から帰ってきて 顔を見せてくれました。

 

 

お腹の中にいるときからのお付き合いの姫も もう小学校2年生

 

 

「いつまで とびついてきてくれるかな?!」 と心配のおやじの心を知ってか

 

 

最初は 知らんぷりでしたが 大人同士の話が区切りつくと

 

 

待ってましたとばかりに おやじのもとへ

 

 

しばし・・・ 姫との二人時間、癒し時間

 

 

3時間程も あっという間の時間。

 

 

フェリーの時間も迫ってきたので 後ろ髪引かれながらも 蔵をあとにする。

 

 

そうそう・・・

 

 

帰り際 うめにもご挨拶。

 

 

「またな」 というおやじに 飛びつくうめ

 

 

「おまえも判るんか?! 元気でな。」 と目を細めるおやじ

 

 

カメラをかまえて一言

 

 

「違うで! うめは前足の汚れを拭いてるで(笑)」

 

 

「あ゛〜〜〜 ほんまや!! やられたぁ〜〜〜(笑)」

 

 

すると 姫に 「汚ぁ〜〜〜(笑)」

 

 

最後まで 笑いの空間でした♡

 

 

 

 

往路にも利用予定だった 宇和島フェリー

                                      (リンク貼っております。旅の一計にどうぞ!!)

 

 

臼杵港から四国は八幡浜港までの海上時間(2時間15分)イコール 睡眠時間

 

 

 八幡浜港に着いて 瀬戸大橋を渡れば 岡山

 

 

 気分は もう帰ってきたも同然。

 

 

 

 

 

 

乗船と同時に 毛布をレンタルして 寝入るおやじ

 

 

私はひとり 大好きな離岸を見に行く

 

 

 

 

しばしのお別れ

 

 

今回も充実した時間を ありがとう!!

 

 

素敵な出会いを ありがとう!!

 

 

 

愛媛県 八幡浜港に着きました。

 

 

一番下船は いつもながらワクワク♡

 

 

 

 

瀬戸大橋を渡り

 

 

 

 

ちょうど 2日前に出発した時間 同時刻に 帰り着きました。

 

 

 

陸走1317キロ + 洋上67キロ

 

 

時間にして

 

 

走行時間20時間30分 + 走行以外時間(イベント、睡眠、洋上‥)27時間30分

 

 

 

台風接近というアクシデントもありつつ なかなかハードな2日間でした。

 

 

しかし

 

 

また 是非とも参加したいイベントでした。

 

 

 

お世話になったみなさま 本当にありがとうございました。

 

 

魅力満載の宮崎!!  待ってて宮崎!! 

 

 

 

author:焼酎女将, category:2017年 10月 宮崎, 16:49
comments(0), trackbacks(0), - -