RSS | ATOM | SEARCH
2016年 初冬の玄界灘を渡る

朝 目覚めると おやじもさほどお酒は残っておらず

 

 

壱岐島では珍しい朝食の席に着く。

 

 

いつもは ダウンダウン・・・ で 私一人の朝食になる。

 

 

しかし

 

 

朝食後は チェックアウトギリギリまで 布団の中で過ごし ホテルを後にする。

 

 

車で ぶらりドライブである。

 

 

何度も来島しているので ナビなしで行きたい所に行ける。

 

 

お天気もいいし 久しぶりに

 

 

   『猿岩』

 

 

   黒崎半島の先端にある高さ45Mの海蝕崖の玄武岩

 

   その姿が そっぽを向いた猿の姿にそっくりといわれ

 

   猿岩と呼ばれるようになった。

   

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

  『黒崎砲台跡』

 

 

 

 

辺りを ぶらりお散歩

 

 

島の西側は 昨日の東側とは全く違う姿を見せてくれる。

 

 

これが 私は 壱岐島の魅力のひとつに思う。

 

 

 

 

 

風を遮るものがないので 風の強さを 肌に感じる。

 

 

 

 

そして

 

 

次なる目的地に向かっている途中

 

 

眠気に襲われ・・・

 

 

「そうそう!! あそこなら 駐車して寝れるぞ」

 

 

と 以前見つけた 見晴らしのいい ここに立ち寄る。

 

 

 

 

この湾では 真珠の養殖をされている。

 

 

写真では判り辛いが 真珠の筏(いかだ)が 浮いている。

 

 

景色を眺めつつ しばし ZZZzzzタイム。

 

 

目が覚めると お昼過ぎで お腹がすいてくる (笑)

 

 

なんとも 自由すぎる旅である。(笑)

 

 

途中のCafeにより 軽く食事をとる。

 

 

「なんだか 姫路に居るのと変わらないなぁ〜」 と話す。

 

 

のんびりついでに

 

 

港で ボォ〜とした時間を過ごそうと

 

 

まずは 印通寺港へ

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りの船の乗船手続きをすましておこうと

 

 

郷ノ浦港へ

 

 

 

 

 

 

 

 

乗船手続きをしに行くと

 

 

波が4Mの為 高速船ジェットホイルの運休が決まっていた。

 

 

「まぁ〜 フェリーは出るだろう」

 

 

とのんきに構え 手続きを済ませ

 

 

昨日からの色々なことについて 語り合う。

 

 

 

 

確かに風は強くなってきていたが

 

 

まだ暖かさもあり ゆっくり語らう。

 

 

この時は まだ これからやってくる苦難に 気が付いていなかった。(笑)

 

 

もう一度 蔵によって 雄三さんに挨拶をして

 

 

そろそろ港に・・・ と送ってもらう。

 

 

この時も まだこれからやってくる苦難に 気が付いていなかった。

 

 

港に着き 2階に上がるが 入れない。

 

 

乗船口には 溢れんばかりの ひと・ヒト・人

 

 

「そうかぁ〜 高速船のお客さんのフェリーに乗船するから・・・」と

 

 

人の多さに驚きのおやじ。

 

 

「これは 船内に入れないかも・・・」と雄三さん。

 

 

しかし

 

 

まだまだ これからやってくる苦難に いまいち気が付いていなかった。

 

 

10分以上遅れて入港に・・・

 

 

にわかに 心配事が 浮上。

 

 

博多に着いてからの 新幹線に 間に合うのか?????

 

 

しかし

 

 

まだまだ これからやってくる苦難に いまいち気が付いていなかった。

 

 

なんとか 20分遅れ程で 入港。

 

 

乗船が開始され 雄三さんに別れを告げて 乗船。

 

 

 

 

 

 

早々に船室を諦め おやじの言うがままの甲板の席に着く。

 

 

離岸の好きな私は とりあえず 見に行く。

 

 

既に 危ない予感。

 

 

しかし

 

 

甲板は 別れを惜しむ人々の姿も。

 

 

 

 

さぁ〜 ここから 想像を超える事態が やってきた。

 

 

風は次第に強まり 船体の揺れ 

 

 

そして

 

 

その度に起こる! ザバァ〜〜〜〜ン と起こる 波しぶき!!

 

 

おやじの的確な指示のもと 居座った甲板の座席は

 

 

寒さは勿論のこと エンジンの強い匂いさえ気にしなければ

 

 

時折起こる 波しぶきを直接かぶることもなく 揺れも一番ゆるい席。

 

 

さすがに 途中 怪しくなり 伝えると さらなるアドバイス。

 

 

座る位置を 少し低めにして座ると 不思議や不思議

 

 

先ほど起こりかけてた 気分の悪さもどこかに去り申した。

 

 

しかし

 

 

11月あたまの 玄界灘の寒さは 強敵で

 

 

寒さと 揺れと 不自然な姿勢の為の腰の痛みは きつかった。

 

 

本当に きつかった。

 

 

し・か・し

 

 

どうやら船内は とんでもない状態のようで

 

 

逃げ出てくる人たちの姿も。

 

 

そんなこんなの2時間半。

 

 

自分を褒めてあげたい♡ たぶん5Mはあっただろう波の時化を乗り切った。

 

 

「真っ暗闇の揺れも怖いが たぶん波の高さが見えたらもっと怖かっただろう」 とおやじ。

 

 

さてさて

 

 

元気な私たちは降り口に陣取り 一番に駆けて降りていく。

 

 

下船前 降り口に集まった人数は数えるほど。

 

 

厳しさを物語る。

 

 

新幹線発車まで15分もない。

 

 

最終の一本前の新幹線 乗らなきゃ博多泊になってしまう。

 

 

ましてや

 

 

格安チケットでの乗車予定だったので 変更は効かず

 

 

格安が無駄になる。

 

 

それは 困る。

 

 

タクシーに乗り込み 急ぎの理由を伝えると

 

 

つい最近まで 博多と姫路の定期便の運転手をされていたという運転手さん。

 

 

私たちの逸る気持ちを和ますように 姫路の話題をだされ

 

 

運転は なんとも的確な まさにプロなお姿。

 

 

なんと!! 10分かからずの博多駅到着。

 

 

博多駅と港を知っておられる方は この素晴らしい走りが 解ってくださるはず。

 

 

心からお礼を言って 走って走って 乗り場に。

 

 

無事乗車 

 

 

「天に見放さてていなかったぁ〜〜〜」の気分(笑)

 

 

 

 

今回の旅は 1泊2日でしたが

 

 

いろんな意味で 深い旅となりました。

 

 

色々 考えることもありました。

 

 

考えなければいけないことが ありました。

 

 

そして

 

 

おやじが 逞しく 頼りがいを発揮した 旅でした。

 

 

 

壱岐島は やっぱり好きです。

 

 

また 行きます。

author:焼酎女将, category:2016年 11月 長崎県壱岐島, 15:05
comments(0), trackbacks(0), - -
2016年 初冬の玄界灘を渡る

素敵なドライブを終えて

 

 

ホテルに戻る。

 

 

ひとっ風呂浴びて 少々の仮眠zzz

 

 

さてさて お時間がまいりました。

 

 

 

 

今回の旅の もう一つの目的

 

 

壱岐ステラコート大安閣 にて行われる

 

  

  chef KUMA & yokoyama Goju

 

 

  

 

 

壱岐の食材と 

 

 

壱岐での日本酒蔵復活に向けて造りをされている重家酒造横山蔵のマリアージュ

 

 

普段は食事中に 写真は撮りませんが 今夜は特別にカメラ持参

 

 

さりげない食事の雰囲気を撮りたいのだが・・・

 

 

なぜか 毎回 ガンミ!! (笑)

 

 

撮るまで ガンミ!! (笑)

 

 

 

 

お料理は 日本酒に寄り添うように 味わいを整えられていました。

 

 

フレンチではあるけれど 日本食のテイストが盛り込まれ

 

 

グラスで 横山50 をいただきながら 楽しみました。

 

 

普段の生活の中で ゆっくりと食事をいただくことがないので

 

 

   昼食は 仕込みの合間  夜ご飯は 片付けの合間 とバタバタ。

 

 

お酒を楽しみ お料理を楽しみ 会話を楽しむ

 

 

この幸せを 壱岐島にて 堪能する。

 

 

この時間を提供してくださった 雄三さん&太三さんに 感謝である。

 

 

 

 

 

食事の時間も あという間に終わり

 

 

夜の街に出る。

 

 

郷ノ浦と言えば・・・ 必ず立ち寄る

 

 

  塞神社(さいじんじゃ)

 

   御祭神は猿田彦命の妻である 猿女君(サルメノキミ)。

 

   拝殿脇に巨大な男根が祀られ、

 

   安産、縁結びなどの後利益があると言われている。

 

 

 

 

カラオケを楽しみ 話し込む・・・。

 

 

 

 

 

 

気が付けば 深夜2時

 

 

知り尽くした郷ノ浦

 

 

タクシーの誘いを丁寧に辞退して ホテルまで 歩いて帰る。

 

 

 

 

「そういえば 何回も壱岐には行っているのに 

 

 いつも 酔っちゃって 夜空を見上げたことないよね」

 

 

と話していたので 

 

 

夜空を見上げ 星を眺め 語らいながら歩く。

 

 

フト・・・ 「ホテルの玄関開いてるよね?!(笑)」

 

 

不安ながらに 自動ドアの前に立ち 開いた時は ホッとする。(笑)

 

 

布団に入り 即寝zzz

 

 

 

 

author:焼酎女将, category:2016年 11月 長崎県壱岐島, 00:40
comments(0), trackbacks(0), - -
2016年 初冬の玄界灘を渡る

蔵を見せていただいた後

 

 

「ちょっと ドライブしましょう!」 と誘われるままに乗車。

 

 

向かった先は

 

 

 

 

雄三さんが 一番好きな  

 

 

 『大浜』

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

つづいては

 

 

  『錦浜』

 

 

 

 

 

 

 

壱岐島には 6つの海水浴場があります。

 

 

私たちが 島を訪れた時にいつも立ち寄るのは 『筒城浜(つつきはま)』

 

 

島である壱岐では 島の西側と東側では 海の姿は全くと言っていいほど違います。

 

 

西側は断崖絶壁。 東は白い砂浜。 といった感じですね。

 

 

どちらの姿も 好き♡ です。

 

 

 

『大浜』に立ち寄った時 雄三さんが

 

 

「たまには 二人で撮りましょう!」

 

 

「え〜〜〜 恥ずかしいなぁ〜〜〜」 と言いつつカメラを預けました。

 

 

「いつぶりだろう〜〜 並ぶのは恥ずかしいなぁ〜」 とおやじ。

 

 

そんな会話の合間に 3度のシャッター。

 

 

私たちを とても理解してくださる雄三さんが撮ってくださった一枚。

 

 

 

 

私の 貴重で大切な一枚となりました。

 

 

雄三さん♡ありがとうございました。

author:焼酎女将, category:2016年 11月 長崎県壱岐島, 15:12
comments(0), trackbacks(0), - -
2016年 初冬の玄界灘を渡る

6月に来店してくださった雄三さん

 

 

なので・・・ 「久しぶり!」でもないか?!

 

 

毎年 必ず1回は顔を合わす間柄。

 

 

何度となく 深夜まで飲み交わし 翌朝は共に二日酔い(笑)

 

 

今日も その覚悟 (笑)

 

 

昼食の後 久しぶりの蔵見学。

 

 

3週間前から 菌類の食品(納豆、ヨーグルトなど)を一切口にしておりません。

 

 

蔵見学 万全の体制です(笑)

 

 

 

 

「お邪魔いたします。」「こんにちは」 と蔵子さんにご挨拶。

 

 

「写真は撮らせてもらって大丈夫ですか?!」 と

 

 

何度訪問させていただいても 毎回許可をいただきます。

 

 

今年は新しく導入された機械もあります。

 

 

そうなんです! これを見せていただくのも 今回の旅の大きな目的でした。

 

 

機械の前で 話し込みます。

 

 

内容は・・・ 内緒(笑)

 

 

 

 

 

 

機械を導入することで より 手麹に手をかけられる・・・

 

 

味わいの広がり、深みが 楽しみですね (⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

 

 

 

瓶詰を静かに待つ 一升瓶。

 

 

 

 

焼酎談議には 何時間あっても 時間が足りませんね。(笑)

 

 

author:焼酎女将, category:2016年 11月 長崎県壱岐島, 15:54
comments(0), trackbacks(0), - -
2016年 初冬の玄界灘を渡る

11月の最初の土曜日

 

 

朝早く 新幹線に乗り込み 一路福岡へ

 

 

          (昔の 姫路駅の一部は 残っています)

 

 

 

 

睡眠時間3時間のおやじは 乗車するなり 軽食と缶酎ハイ

 

 

そして ウトウト。。

 

 

格安のチケットということもあり 指定ではあるけれど “ひかり” に乗車。

 

 

そこそこの睡眠時間確保 (笑)

 

 

 

博多駅からは タクシー乗車(15分程)で 博多港へ。

 

 

滑り込みの乗船手続きにて

 

 

『壱岐』へのフェリーに乗船。

 

 

 

 

 

 

 

離岸・着岸を見るのが大好きな私は おやじに荷物を預けて 一人甲板へ。

 

 

今から始まる旅への想いに耽る・・・。

 

 

 

 

 

 

 

軌跡を見てると・・・

 

 

ついつい 中島みゆき『地上の星』を 音痴ながらに口ずさんでしまう私 (笑)

 

 

それでもって 『地上の星』と同時に頭の中に響くのは

 

 

 「ロータリーエンジンの音」

 

 

なかなかおかしな奴だな?!と 自分で思う (笑)

 

 

博多から壱岐までは フェリーで 約2時間程

 

 

          ジェットホイルでは 約1時間程

 

 

船旅が好きな私たちは 勿論 フェリー派

 

 

1枚50円のレンタル毛布を借りて ごろ寝爆睡な二人。

 

 

 

壱岐島が見えてきました。

 

 

博多から郷ノ浦に入港のフェリーですが

 

 

今日は日中工事の為 入港できず 芦辺港に変更のフェリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おやじも風にあたる。

 

 

おやじは 2年ぶり8回目の 壱岐上陸

 

 

私は 4年ぶり7回目の 壱岐上陸

 

 

ワクワクドキドキ♬ の瞬間です。

 

 

芦辺港に着岸します。

 

 

 

 

あっ! 島唯一の『ダイエー』も『イオン』に変わっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

「こんにちはぁ〜!!」 と出迎えてくださった 雄三さんに挨拶。

 

 

「その服装は 目立つわぁ〜」 と雄三さん。

 

 

 

一泊二日の 壱岐島の旅  はじまりはじまりぃ〜〜〜〜♪

 

author:焼酎女将, category:2016年 11月 長崎県壱岐島, 16:19
comments(0), trackbacks(0), - -