RSS | ATOM | SEARCH
2017年 春の薩摩路

ぐっすり眠って・・・

 

 

何故か・・・目覚ましが♪

 

 

どうやら 前宿泊客のセットのようだ。

 

 

ビジネスホテルでは 時折遭遇するできごとである。

 

 

まぁ〜 起きる予定の30分前・・・ 良しとしよう(笑)

 

 

朝食を済ませ チェックアウト。

 

 

 

 

今日は スッキリとした空気である。

 

 

清々しく 朝の商店街を歩く。

 

 

昨夜のお礼と さっそくの仕入れ。

 

 

 

 

さて、駅に向かうかぁ〜。

 

 

そういえば 今回も食べ損ねたなぁ〜

 

 

 

 

いつかは 本場しろくまくんを食したい♡

 

 

そういえば 何度か通った道だのに 今日気が付いた。

 

 

 

 

また じっくり調べてみよう。

 

 

大久保利通氏にも 「さらば!!」

 

 

 

 

西郷どんにも 「さらば!!」

 

 

 

次回の鹿児島を楽しみにしつつ

 

 

今回の旅の記憶をかみしめながら・・・

 

 

家路につく。

 

 

 

 

帰りは 鹿児島から姫路に停まる新幹線は 3〜5時間に1本。

 

 

仕方なく 岡山で乗り換えをする。

 

 

30分待ちの間に ちょっとおのぼりさんショット(笑)

 

 

 

 

 

「いいラインだぁ〜」

 

 

 

今回も大変充実した旅でした。

 

 

お世話になったみなさま

 

 

本当に ありがとうございました。

 

 

これからもよろしくお願いいたします。

 

 

 

まずは

 

 

国分酒造さんの焼酎をご案内します。

 

 

 

 

どうぞ お楽しみください。

author:焼酎女将, category:2017年 2月 鹿児島, 15:21
comments(0), trackbacks(0), - -
2017年 春の薩摩路

余談だが・・・

 

 

珍しく おやじの顔が 微妙に赤い

 

 

酔ってる感じもないんだがなぁ〜!?

 

 

まぁ〜 お酒の会で酔うほど飲むわけもなく・・・

 

 

「大丈夫???」 と尋ねると

 

 

「眠い・・・・」

 

 

と、いうことで しばし目をつむる。

 

 

 

 

いろんな方が 「大丈夫?!」とお尋ねに。

 

 

「ただただ眠いだけですから・・・ 寄る年波には勝てません(笑)」 と代わりに返事。

 

 

中には 「寝てるんだぁ〜」 とおやじの方を叩いて本人に確認???

 

 

年下の彼は 「寝てる顔も 怖い顔ですねぇ〜(笑)」 と。

 

 

 

この睡眠が効いたようで 長い夜は バッチリでした!!

 

 

 

 

この夜は 4次会まで・・・(笑)

 

 

なんと半日 チビチビ吞んでたなぁ〜。

 

 

 

二次会(反省会)では ワイワイの席の中 

 

 

テーブルの一番端に陣取った私は 安田杜氏とガッツリ2時間以上のトークタイム。

 

 

私の浅い引き出しを開ける度に たくさんの情報をお話くださり パンパンに!!

 

 

またまた 次の引き出しを開けて・・・

 

 

私の情報箪笥も随分重たくなりました (⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

 

また 改めて興味が湧いたこともあり ちょっと書籍を探してみようかと思います。

 

 

この夜は 初めての アパホテル宿泊

 

 

 

 

大きな二人にも ゆったり寝れるサイズのベットに大満足。

 

 

程良い焼酎の酔いも手伝って ぐっすり眠る Zzz・・・

 

 

つづく・・・

 

author:焼酎女将, category:2017年 2月 鹿児島, 16:38
comments(0), trackbacks(0), - -
2017年 春の薩摩路

今回の目的は 昨年も参加させていただいた

 

 

酒屋さん主催の焼酎の会 『酒文化向上集会』 への参加です。

 

 

 

 

今回のテーマは 『技の継承』 であります。

 

 

現杜氏さんと次期杜氏さんに会えるという 贅沢な時間です。

 

 

 

大隅半島にある  大海酒造さん

 

 

大牟禮杜氏は急用で欠席ということで 次期杜氏の 前田氏のお話を聞く。

 

 

とはいえ

 

 

前田氏は 既に 造りを任され 蔵の中心となって動かれている。

 

 

 

ちなみに 前田氏は 私たちの一回り下で 「おっ!申年ですねぇ〜」と(笑)

 

 

造りと向き合うのではなく 人と向き合う

 

 

蔵人みんなで造りをしている意識

 

 

想いを一つにすることで 以心伝心の造りになる。

 

 

こうしたお話を 丁寧にお話された。

 

 

 

国分にある 国分酒造さん

 

 

現杜氏の 安田氏

 

 

 

 

40歳で全杜氏のから引き継がれ25年。

 

 

安田氏は 芋麹芋の焼酎を最初に醸し出された方である。

 

 

そして今 昔(明治32年まで)は各家庭で主婦の仕事であった焼酎造りという文献をヒントに

 

 

150年くらい前に飲まれていた焼酎の再現に取り組まれている。

 

 

そして 次期杜氏として 安田氏の片腕として動かれている 永山氏

 

 

 

ちなみに 学年で私たちの2つ上  「おっ!丙午ですね。その世代の先輩は怖かったぁ〜」と(笑)

 

 

 

こうして

 

 

 

 

お二人に 蔵の技の継承はおこなわれています。

 

 

しかし

 

 

不思議なことに 全く同じ造りをしていても杜氏が変われば味は変わる・・・ 

 

 

これも現実。

 

 

そこを 蔵の味として整えていくのも 技の一つ。

 

 

マニュアルなんてあるようでない世界。

 

 

芋の状態(水分やら澱粉質やら)が変われば 造りも変わる。

 

 

米の状態が変われば 麹の造りも変わる。

 

 

だから

 

 

いつも真剣に造りに取り組んでおられる。

 

 

だからこそ

 

 

私たちも 大切に その一滴を 扱っていきたいと思う。

 

 

つづく・・・

 

 

 

 

author:焼酎女将, category:2017年 2月 鹿児島, 16:54
comments(0), trackbacks(0), - -
2017年 春の薩摩路

姫路では 『姫路マラソン2017』が開催された26日日曜日

 

 

新幹線さくらに乗車して 一路 鹿児島に向かいました。

 

 

前日も おかげさまでの営業 (ありがとうございました。)で 睡眠時間3時間という

 

 

50歳前には ちょっと厳しい状況(笑)

 

 

新幹線内の睡眠を企んでの 缶酎ハイ作戦も

 

 

後席のおばさまの 実に姫路から鹿児島3時間30分のおしゃべり攻撃?!に

 

 

遭えなく撃沈。(笑))))

 

 

 

さぁ! 鹿児島に到着!!

 

 

 

 

 

 

 

 

いつものごとく

 

 

天文館まで 歩いてまいります。

 

 

 

 

今回は ラフなスタイルで。

 

 

しかし

 

 

なぜか 若者の目線が・・・。

 

 

金の刺繍のドラゴンは どこに行っても インパクト大!!

 

 

つづく・・・
 

author:焼酎女将, category:2017年 2月 鹿児島, 15:33
comments(0), trackbacks(0), - -