RSS | ATOM | SEARCH
2009年9月17日 若潮酒造 『千刻蔵』 見学
同じ敷地内に立つ


   『千刻蔵』






同行の方に 勧められて


        めずらしく 2ショット






おやじも 笑顔で 撮影にこたえますぅ〜 ♪




若潮酒造さんは


大きな工場を稼働させるかたわら


『千刻蔵』 という


造りはすべて 手造りという蔵を 


同じ敷地内に 建てられています。


そこでは


造りのみならず


熟成・保管 


といった面で 色々試みられています。








さぁ!! 中へお邪魔いたします。






          〜つづく〜 
author:焼酎女将, category:2009年 9月 鹿児島・宮崎・大分, 14:38
comments(0), trackbacks(0), - -
2009年9月17日 若潮酒造 訪問
Kさん御夫婦と 初めてお会いする。


しばらく 乗船待合所で お話して


おやじは ご主人と


私は 奥様と


情報交換!!



さぁ!!  蔵元さんへ向かう。


最初に訪れたのは


鹿児島県 志布志港の近所に位置する


   若潮酒造 さん 







2008年に

  
  若潮酒造協業組合


から


  若潮酒造株式会社


に 社名を変更された。



実は・・・


初めての 九州蔵元への旅をした 2005年9月に


門までは 来ていた。


アポは とっていなかったので、


工場を眺めて 帰った。


その時も


今回と同様


芋のゴトゴト流れる音が 辺りに響いていた。


芋の洗い 傷んだところの切除 など


作業をされていたのを 覚えている。


そう言えば


ちょうど 右手に大きな倉庫が 建てられたばかりのようだったのを覚えている。




この日は


従業員の方が


説明をしてくださった。




芋が 農家さんから運ばれてきて


中央にあるフックに袋がかけられると


袋の下が空いて


ゴトゴトと なだれおちる


この時に


何キロ運ばれてきたか チェックが入る。






見えますか?!


芋が !!


ベルトコンベアーに載って






工場の中へ・・・







洗いにかけられます。


ちょっと中を のぞいてみれば・・・・






この先は


手作業で 傷んだところを 取っていきます。



そして


蒸されて、砕かれます。





一夢庵では


   若潮 (白麹)


   親父のこごと (芋麦ブレンド)


を、扱わせていただいています。



だれやめの酒


お湯割りで どうぞ!!



あっ!!


重機好きの私の決まって撮るショット・・・






工場は さらりと見せていただいて


イザ!!


今回の目的


   『 千刻蔵 (せんごくくら) 』 


に、足をむける。



   
     〜つづく〜



    ※ 蔵での写真撮影は必ず最初に 撮影許可をいただいています。





author:焼酎女将, category:2009年 9月 鹿児島・宮崎・大分, 20:12
comments(0), trackbacks(0), - -
2009年9月17日 鹿児島志布志港 着いたぞぉー!!
朝の お散歩





実は この後 大変なことに!!


てか


大笑いに!!




おやじが 急に


  「くさい!!」


と、言いだいた。



よくよく見ると・・・



今もたれていた手すりに・・・



かめむしが!!



どうやら その上に おいていたようで・・・


「なんで 海の上に かめむしがいるんだぁ!!」


と、大慌てのおやじ。


手洗いに直行は 言うまでもありません。




さぁ!! 志布志港に入港です。



車に乗り込みます。


志布志港は 同乗者も乗り込みOKなので


私も助手席に スタンバイ。



まずは


トラックが降りていき 次に乗用車が誘導される。


車のスペースの様子は





こんな感じである。




船を降りて・・・・


今回は ここで待ち合わせをしている。


それも


一度もお会いしたことのない人と。


おやじと


「そういえば お顔知らないよね?」


なんて言いながら 船を降りると・・・・








なんて!! 素敵な歓迎か!!


とっても素敵な旅の予感が


ビビッと しました。


     ・・・つづく・・・ 
author:焼酎女将, category:2009年 9月 鹿児島・宮崎・大分, 14:52
comments(0), trackbacks(0), - -
2009年9月 さんふらわあ きりしま での一泊 その2
船の中央には


ロビーがあり フロントがある。






中央には


階段がある。


階段下に見えるのが


フロントである。


  このフロントのある階より下が


  自動車の駐車スペース。


  フロントの階を込めて上3階が


  宿泊スペース。



このフロントの横には 売店もある。



この造りは どれも同じだと 思う。


どこかしら 昭和の香りが しますよね。




さてさて



おやじと無事合流をして


一番におやじのすることは


ズバリ!!   入浴 である。



みんなが入りだす前に ひとっ風呂浴びる。


特に 団体客が多い時は


混み始めるといっぺんなので


急いで入りに行く。


その後 わたしも行くのだが。



ちょうど どなたもいらっしゃらなかったので


写真に 様子を収めてきた。


あっ!!


もちろん 風呂の様子だけである・・・・。





広く ゆったりとしている。


窓の外には





もちろん 海の景色。


なかなか いい眺めである。


九州からの戻りの時は


朝風呂に入ると


淡路島を眺めながら 入ることもある。



ゆっくり のんびり 入浴するなら


乗船後すぐが おすすめ!!



その為にも


早くから並んで 乗船を早くする・・・


という おやじである。



さてさて



風呂が終わると


団体さんの食事タイムを やりすごして


わたしたちも 食事タイム。



レストランは・・・・






スタイルは


船によって違うのだが


  バイキング形式


  配膳(欲しいものを盆に載せて 料金を払うシステム)形式


がある。


どちらにしても


船の中にしては


満足のいく 食事がとれる。


車の運転がないから


のんびり ビールを飲みながらの食事



これもまた 魅力だ!!



風呂に入って


食事をとって


夜景を楽しんで


10時前には ベッドの中に・・・・。



なんと 健康的な事か!!



しかし



夜中の・・・  深夜の・・・  2時過ぎに


おやじが ゴソゴソ・・・


 「?」


おやじは 小声で


 「酒!! どこ?!」



普段 3時や4時に 寝ているので


体内時計が 大慌て!!



その時の為に


必ず 焼酎を持参している。


それも


コップさえあれば飲めるように


前割りにして!!



いやいや・・・


おやじが用意する訳ではない!!


私の役目である。


ちょっとでも美味しいものを!! と、一週間ほど寝かしておく。



この 心遣い・・・・


おやじは 気付いているのだろうか・・・・。


と、 ここでアピッてみたとこで 仕方がないのだが・・・。



深夜のフロントの ソファーで


おやじ一人


時には


私も一緒に


柿ピー を手に 焼酎をいただく。


     ・・・つづく・・・
author:焼酎女将, category:2009年 9月 鹿児島・宮崎・大分, 15:27
comments(0), trackbacks(0), - -
2009年9月 さんふらわあ きりしま での一泊
毎回 寝床は 


2等寝台である。



 



シーズンが外れているので


毎回 自分たちだけだったり


出張のおじさんと だったりで


静かに 眠れる、良い環境だ。


荷物も 船用に 別造りにして 持ち込む。


コンパクトにしておくと 寝どこも 広く使えるし


何より 不用意に置き引きの原因を つくることになる。


旅は コンパクト!!な荷造りが 必要不可欠だ!!




今回は 船内の様子を・・・ 収めてきた。



まずは 



迷子になりそうな 同じ景色の廊下











2等寝台の廊下との仕切りは カーテンである。


1等になると ドアであるし、鍵がついてある。




お次は






ここは


トイレである。


男子はわからないが・・・


女子は 個室が当たり前。


という事は ドアがありますよね。


このドアが 曲者!!


ふつーのトイレのドアでは ないのだ。


  船=揺れる=ドアがバタバタする


を、考慮して造られているので、


強力な 磁石がついている。


写真は閉まった状態だが、


開いている時は


ドアは 超強力な磁石によって 


外側に ひっついている。


私の力をもってしても やっとのこと。



だから・・・・


以前 トイレの外のドアを開けて入ったら


ドアを開けたままのおばあさまが一人・・・・


おばあさまは なにごともないように・・・・


私も 全く気付かないふりで・・・・


その場を 過ごした。


ちょっと 大変なドアである。



       ・・・つづく・・・
author:焼酎女将, category:2009年 9月 鹿児島・宮崎・大分, 13:34
comments(0), trackbacks(0), - -
2009年9月 大阪を出港!!
9月16日 水曜日


しばらくお休みになるので


店の片づけをして


昼過ぎに 出かける。



今回は 往路は 船。


一路 大阪に向かう。






場所は


大阪南港かもめフェリーターミナル




いつも


ここで 1、2時間過ごす。


おやじは 車の中で 睡眠中。


私は 乗船手続きをしたり 散歩したり。




港での 楽しみの一つは


港の 仕事風景 を眺める事。



出港の時間に合わせて 港が動き始める。



コンテナトラックが 乗船し


ヘッドだけが戻ってくる。


また コンテナをつないで 登っていき


またまた ヘッドだけが 戻ってくる。


この作業が 繰り返し行われる。


一回の所要時間 数分。



プロの仕事だ!!



そして


乗用車のみの乗船は


ブイィーンと 登っていき


扉がはずされたワゴンに 数人の男性が乗って戻ってくる。


そして 


各々に 車に乗って 登っていき


また ワゴンで一斉に戻ってくる。


一回の所要時間 数十秒。



プロの仕事だ!!




私には この港の男たちが プロ集団として 輝いて見える。


プロの仕事は 見ているだけで ワクワクする。
 


さぁ!!


私たちも 乗車時間が 来たようだ。


港によって違うのだが


ここは


乗船の自動車には 運転手のみの乗車になる。


私は 一足先に 歩いて乗船。


そして カウンターでチェックをして


今日の寝どこに向かう。


しばらくすると


おやじが やってくる。



       ・・・つづく・・・

 
author:焼酎女将, category:2009年 9月 鹿児島・宮崎・大分, 19:05
comments(0), trackbacks(0), - -
2009年9月  鹿児島・宮崎・大分 への旅

2009年夏の終わり


この年は 大型連休が 2回あった。


GW直前に 私が事故に合い


愛車が 廃車になったし 病院通いがあったので


お出かけが できなかった。


その分


世に言う 『シルバーウィーク』に 出かけることとなった。



お客様に


「やっぱり 行かな落ち着かんやろ。 行っといで!!」


と、見送られながら・・・。



日程は


9月16日(水) から 22日(火・国民の休日)  の7日間。


場所は


鹿児島・宮崎・大分




また チビチビですが  綴っていこうと思います。


お付き合いよろしく お願いいたします。

author:焼酎女将, category:2009年 9月 鹿児島・宮崎・大分, 18:41
comments(0), trackbacks(0), - -