RSS | ATOM | SEARCH
2012年春 はぐれ居酒屋 みちのく旅情 閉伊川沿って


     『必ず また来るね!!』



と、別れを告げて・・・


閉伊川に沿って走る。


 











途中 左に折れて・・・ 南下。



山裾には 雪が・・・






向った先は





  遠野 です。


柳田邦夫 「遠野物語」 ご存知ですか?!



一番の目的は


   『カッパ淵』


子供の頃に TVの番組で人気者になった


  カッパ淵のよいちおじいちゃん



そのカッパ淵を見に行ったのです。


          つづく





author:焼酎女将, category:2012年 4月  いざ!!東北, 03:02
comments(0), trackbacks(0), - -
2012年春 はぐれ居酒屋 みちのく旅情  同じ匂いが・・・
一夜明け


宮古を出発する朝


ホテルの朝食を食べていると・・・


窓に・・・



S氏が・・・。


出勤前に顔を出してくれた。



S氏 今回は本当にお世話になりました。


また、必ず来るので!!  よろしく!!




で、


魚屋さんにも 顔を出す。





「ねぇねぇ・・・ なんか俺を怖がっているだろぉ〜」


   「いいえ! そんなことないですよぉ〜」


「いや! そんな事言いながら 今も後ろにさがったやろぉ〜」


   「いやいや! ほんとに 違いますってぇ〜」




『はいはい! 同じ匂いがしてる2人なんだから ポーズをとって!!』







これからも よろしくお願いしますね



                      つづく


 
author:焼酎女将, category:2012年 4月  いざ!!東北, 16:46
comments(0), trackbacks(0), - -
2012年春 はぐれ居酒屋 みちのく旅情  山田湾
山田 にも 足を運びました。


この地名も みなさん 何度となく TVで耳にされたでしょう。



一見 何気ない風景の中に 



あるべきでない風景が 混在します。



この日は 時折陽が顔を出す 曇り空。


岸壁に立って 3人で色々話しました。


宮古のこと 漁業のこと 自分達のこと・・・・。




S氏が 声を大にして言っていた


ここが  海の十和田湖  山田湾










車窓から撮ったのですが・・・。


いかだが 見えます。



そうそう!!


今、7月中旬から  『ほたて』 をいただいていますよ!!


スダチをぎゅっとしぼって 雪塩でいただくと


   あ〜〜〜 夏の造りだなぁ〜


と、思います。




この夜は


おやじの大学の同級生S氏、H氏、T氏 が寄ってくれて


みんなで 飲みました。


懐かしい想いで話に花が咲き


現場の話で 熱く語り合っていましたよ。



私は 記念に もらってきました。






また 訪れたい場所が  また一つ 増えました。 



                      つづく
author:焼酎女将, category:2012年 4月  いざ!!東北, 17:36
comments(0), trackbacks(0), - -
2012年春 はぐれ居酒屋 みちのく旅情  すき昆布
お昼は


S氏お奨めの寿司屋でとる。



午後は 


まず 


  『すき昆布』 の作業場に・・・。






若い昆布を・・・・








切ってから 湯がきます。



そして


一枚、一枚・・・





「写真撮らせてもらっても大丈夫ですか?!」


   『いいけど それなら化粧直さなきゃ〜』


「そんなぁ〜  そのままで十分ですよぉ〜」


   『どこから 来たの?!』


「兵庫県です。」



なんて 話をしながら 作業の様子を撮らせていただきました。


一枚一枚 枠にはっていくのですが


経験で分量は計らずとも 同じに。






そして 乾燥室へ






乾燥が仕上がれば


一枚モノの出来上がり!!


切って湯がいたときの 一度きりの火の入り。



自然そのものの すき昆布


食べる時に 食べる分だけ 水につけて戻せばOK!!


ポン酢、ドレッシング 何にでも合うすぐれもの。


自然な味わい 歯ごたえの良さに あきる事のない一品!!


お客様にも 大好評 ♡ です。





ここ作業場も 津波の被害にあいました。


昆布を張っている枠も 全て流されました。



枠は全て 手作りです。


一日何十枚 何日もかけて何百枚作られました。


一からの作り直し。




突然の訪問の私たちを 笑顔で迎えて下さいました。




ここにも 確かな一歩を踏み出されている力が あります!!



                    つづく 
author:焼酎女将, category:2012年 4月  いざ!!東北, 17:00
comments(0), trackbacks(0), - -
2012年春 はぐれ居酒屋 みちのく旅情 宮古の桜
地元 姫路では 桜の季節も終わり


遅咲きのぼたん桜を 待っている頃の 出発し


途中 盛岡では まだ かたい蕾の桜に出会い


ここ宮古では 居る間に 桜に出会えるか・・・  と思っていたら


S氏の職場の桜が 満開になっていました。


S氏いわく  「昨日は 咲いていなかった。」  



この日は 暖かく 陽気に誘われたのでしょうか・・・













いつも見ている桜とは 種類が違うようで・・・


小さな花でしたね。


 「誕生日を 桜に迎えられて 嬉しいな♪」


と、私は 思わずカメラをむけました。



近くの市場を 覗いてみました。








地元の食が分かり 楽しいですね。



                     つづく
 
author:焼酎女将, category:2012年 4月  いざ!!東北, 00:23
comments(0), trackbacks(0), - -
2012年春 はぐれ居酒屋 みちのく旅情  浄土ヶ浜
どこか 観光地へ・・・ ということで


向ったのは


   浄土ヶ浜





車を止めて 歩いて向います。


S氏が 一言


  『塩谷にとっては 最初で最後の景色を見ることになるだろう (笑)』





   「どうゆうことや!!」



  『ここは 極楽浄土が再現された景色だ!! と言われている。


   塩谷が行くところは 違うところだろ?!』 


   「まぁ そうかもな」



なんて 話しながら 降りてきました。



確かに なんとも きれいな なんて陳腐な表現ですが


まさに きっと あの世は こんな世界でしょう!!



おさかな君 2人 なにを語っているのやら。






   浄土ヶ浜


   陸中海岸国立公園の中心となる浄土ヶ浜は


   宮古を代表する景勝地です。


   鋭くとがった白色流紋岩の白い岬は 


   紺碧の海、緑のアカマツ(県の木)のコントラストでさらに際立ちます。


   宮古山常安寺七世霊鏡竜湖和尚(1727年没)が


   人里離れたこの地を訪れ その美しさに驚嘆、


   あたかも極楽浄土が再現されたかのようだと 七言絶句を詠み


   これが 浄土ヶ浜の名の起こりとも言われます。

















高い所から 眺めてみました。


上からの眺めは また抜群で!!






   おやじと海鳥 浄土ヶ浜にたたずむ・・・



行きには気付かなかったのですが


山裾には








カタクリの花が・・・。 



                    つづく
author:焼酎女将, category:2012年 4月  いざ!!東北, 23:54
comments(0), trackbacks(0), - -
2012年春 はぐれ居酒屋 みちのく旅情 塩蔵わかめ加工場
一旦 ホテルに戻って 朝食を。


バイキングは 野菜中心で いただく。


ふたたび S氏が 迎えに来てくれて



田老にある 塩蔵わかめの加工場 に 案内をしてもらう。







田老 といえば  街ごと津波に流された 地区。


目にしたら 言葉もありません。


そこには 家が 生活が あったであろう跡型だけが・・・。


家の基礎だけが・・・


一見きれいにか片づけられている・・・


しかし


次の一手は まだまだ見えない・・・。




そんな中でも


防潮堤の外側 一番の海っぺりに 加工場があります。







作業の様子を 写真におさめさせていただきました。





































ここから 次の作業場に行き、 商品としての袋詰めになります。



ここには 確かに生活があります。


確実に 前に進もうとする姿があります。



                    つづく




 
author:焼酎女将, category:2012年 4月  いざ!!東北, 18:57
comments(0), trackbacks(0), - -
2012年春 はぐれ居酒屋 みちのく旅情 宮古市魚市場
昨夜は 


おいしいお魚とお酒をいただきました。


そして


布団に入り ぐっすりと眠りました・・・。



今日は一日 


おやじの友人S氏がお休みをとってくれて


案内をしてくれます。




朝は  宮古市魚市場  に出かけました。


S氏に 長靴を借りて 市場にお邪魔しました。









見知らぬ顔なので 振り返られる事はありますが・・・


S氏の案内に寄るところでありますし


おやじの雰囲気は 近い空気がありますので


すんなり?! 溶け込んでいます。







さすが 水産大出の2人 


私にとっては  さかな君  です。



ところ変われば 魚も姿が違うので


さかな君 2人に 教えてもらいます。


外を見れば・・・





早朝ということもあって もやっています。


ちょっと 外に出てみました。









さかな君2人も 出てきました。


ほんの15分ほどの間に 海鳥の数が増えています。







ここ 市場の津波の映像も みなさん 何度となく目にされておられると思います。


市場の大きな青いかごや、黄色いかご が流れていく映像を・・・。


駐車場の車が流れていく映像を・・・。



宮古には おやじの友人が あと2人おられます。



あっ!!  さかな君が3人になりました。





H氏とも 卒業以来の再会のおやじ。


とっても 楽しそうなおやじ。


気付いていないH氏に おやじが近づいていく様子を


魚屋S氏が 解説。


  『おっ! いかついおやじが 近づいてきています。


   ここは 振り返るべきか 気付かぬふりをするべきか。』




セリが始まりました。






以前に 壱岐の市場のセリも 見せていただきましたが


その時は 何を言っているのやら聞き取れませんでした。




しかし


ここ宮古は 数字も普通な表現なので  よく聞き取れて



「今日は 〇〇ぐらいなんやなぁ〜。 」



なんて 次に送ってもらう 算段をしているおやじ でした。



市場を直接見せていただくと


その土地の 状況が 理解できます。


魚屋さんに信頼をしてまかせてはいるのですが


現場知っての まかせ   では また違うのです。


多分 おやじが 


水産大出の 水産関係の仕事を過去にやっていた  という経歴だから・・・


余計に そんな感覚になるのかもしれませんが・・・。



サクラマス に 時鮭   うまい魚が 一夢庵にやってきますよ!!


                
                    つづく


  
author:焼酎女将, category:2012年 4月  いざ!!東北, 18:21
comments(0), trackbacks(0), - -
2012年春 はぐれ居酒屋 みちのく旅情  宮古をぶらり・・・
ホテルに 荷物を置いて


散歩に出かけました。


ホテルも1階は津波の被害を受けていました。


しばらくは 機能していなかったようですが


私たちが訪れたときには


きれいになっていました。


しかし


庭先に 被害の痕が残っていたり・・・


駐車場のアスファルトがきれかったり・・・



歩いていても すっぽっと抜けた空間


きっとここにも 家か店舗があったのでしょう。


震災後 建て直されたであろう店舗が・・・ 多かったですね。



まずは 駅に向いました。



JR宮古駅  です。




 



そして


すぐそばには


三陸鉄道 宮古駅







線路・・・  


再建・・・  代替え・・・


ひとつとっても 先に進むのは大変なようです。



ここから 海っぺりにむかいました。




今回は 宮古で 元気に働く方々に 会いに行きました。


ニュースでしか得られない 偏った情報より


本当の今の姿を 自分達なりに確認する為に 訪れました。


なので


被災された風景を 撮るつもりはありませんでした。


それは


自分の目で 見るものであって


観光者が 気軽に撮るものではないと 思いました。



そんな中


唯一 傷痕を撮った3枚の写真です。



みなさんも 震災後の津波の映像で 一番最初に目にされたと思います。


宮古の市役所から撮られた 防波堤から超える津波


橋げたに波で流され引っかかり 転覆してさらに流れていく船の様子を・・・。


それが ここなのです。












橋げたを見上げると たくさんの傷痕が・・・。


通常なら付くはずのない傷痕が・・・。



しかし



今現在 そこには 通常の生活に戻ろうとする方々の姿があります。








湾の中と言うこともあり  穏やかな海



この海が 黒く そして海底から盛り上がるかのように水面が持ち上がり


高い波となって 襲いかかったとは 今は想像もつきません。



そのぐらいおだやかな海に 出会いました。



この夜は


おやじの友人と


友人の紹介で知り合えた魚屋の家族の方々と


共にお酒を飲みながら


魚の事、海の事、 今の状態、 これからの話


宮古の海の魚をいただきながら 話しました。



                    つづく
author:焼酎女将, category:2012年 4月  いざ!!東北, 01:50
comments(0), trackbacks(0), - -
2012年春 はぐれ居酒屋 みちのく旅情 国道106号線
盛岡を出て  宮古に向かいます。


2時間ほどの 移動ですね。


盛岡から 宮古 までは  まっすぐ東に向かうって感じですね。



国道106号線・閉伊街道(宮古街道) をまっすぐ走ります。



ちょうど JR山田線 が並走していますね。



助手席の私は おもむろに カメラを取り出しました。


おやじは運転しながら 一言・・・。



   「おっ!! 車窓カメラマン!!」



では・・・



閉伊街道 の様子を・・・。












写真の奥の白い小さな建物(電柱のすぐ左側) が 駅 です。




途中、 『道の駅やまびこ館』 に寄って お昼にしました。





あたりを見渡しても まだまだ 冬山ですね。 (4月23日)


 












またまた いいタイミングで 駅を 激写!!


おやじの運転スピードで  写したい物を写すのは ちょっと技術が!!





踏切も 雪に備えて 縦型 です。


おしゃれな形の踏切があったのですが・・・(ランプ型?!)


とらえきれませんでした。


道中


   「震災の様子は見えないね?!」


と、話しながら 走りました。




そうして




宮古に 入りました。


なんだか 新しい建物(家や商店)が・・・。


ホテルに チェックして 街を歩くことにしました。



そこは・・・・。



                    つづく
author:焼酎女将, category:2012年 4月  いざ!!東北, 16:12
comments(0), trackbacks(0), - -