RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
2012年夏 まわれプロペラ!!島から島へ渡り鳥
甑島を後にして・・・



串木野新港に着く。


ここで 旅の友たちとは 別れる。


2泊3日の旅の友・・・ いつもながらに おもしろかったぁ〜〜〜♪


たくさん笑ったぁ〜〜〜 (∩。∩)♪




さて


串木野新港から ほど近いところにある蔵元さん


夕方の訪問にも関わらず 快く迎えてくださった。


事前にアポはとっていましたが・・・


こちらの都合での時間・・・ ありがたいですね。



  大和桜酒造さん







先にお越しのお客様の蔵訪問の間


お父様とお話させていただくが


人生の大先輩 とても良いお話が聞けた。


人として、造り手として、商人として どういう姿勢であるべきか


心にしみる話をしてくださいました。


「がんばろう!!」 と心の中でガッツポーズしました。




さて


蔵見学は ipadを使っての説明。


「塩谷さんに説明は “釈迦に説法”でしょうが (笑)」なんて 徹幹さん。


 


仕込み時の動画なども見せていただき 雰囲気がとても伝わりました。


蔵見学に来られた方への思いやりが とても感じました。


焼酎造りを伝えたい想いが とても感じました。


『大和桜』のあの優しさは 人柄が味に出ているのですね 



蔵の中も 一人での仕込みがしやすいように


随所に工夫がありました。




この甕の間も 他の蔵よりも広くとってあるんですよね。


一人での仕込み とっさの動き、物を持っての動きがとりやすいようにとの配慮。


そして


ちょっとした衝撃で割れる甕への 心遣い。




とても貴重な時間を過ごさせていただきました。




帰りは お母様も一緒に 親子で見送ってくださいました。


また 立ち寄らせていただきます。


ありがとうございました。




この夜は 明日の行動に合わせて


鹿児島・天文館での宿泊。


知人と待ち合わせての夕食





繁華街が似合う おやじの後姿。


鹿児島に来たら 顔を見に行くお店がある。


「お久しぶりです!!」


この日は 2軒。


ずっと焼酎談義。



そうそう!!


2軒目は 知人の知り合いのお店へ。


ちょっと場所が判らなくなったので 交番へ。


聞いてる間 車道付近に立っていたおやじに


おまわりさんが 知人に 


「あの方は おつれさんですか?!」


   「はい。そうですけど」


「危ないので もっと端に動いてもらってください。」



そことここ


直接聞こえるのに〜〜〜  なんで間接的?!


と、思っていると・・・


そのタイミングで!!


車道をスケボーで走り去る若者。


すかざず


「あれのほうが 危ないやろ!!  あっちはええんか?!」


と、播州弁ばりばりにおやじ。


おまわりさんの困った表情を見て


だから・・・  直接ではなく間接的に 言ったんだな (笑)




「明日の朝が早いので」 と3件目を断り ホテルに帰る。


のんびり 露天風呂に入り 眠りに就く。
author:焼酎女将, category:2012年 8月 ぐるっと九州, 12:29
comments(0), trackbacks(0), - -
2012年 まわれプロペラ!!島から島へ渡り鳥
朝一番に 仕込みの段取りがあるということで


蔵にお伺いしました。


麹に使う米の洗いをされていました。


手をかけ 心をかける


そんな言葉が しっくりくる作業をされていました。


あの美味いしょうちゅうが かもしだされるはずだ!!





さぁ!! 帰りの船の時間まで 観光です。



山を走り


  前の平展望所






眼下を見渡すと・・・






  ナポレオン岩


  瀬々野浦海上に突き出た 高さ127mの奇岩

  フランスの皇帝ナポレオンの横顔のように見えることから

  この名がつきました。






  ローソク岩



ん??  岸壁に誰か・・・  知ってる人が・・・



望遠で捉えると!!





おやじだぁ!!



えへ!!  


みんな 1枚目の写真を見ると 


展望所に行ってまで おやじを捉えた私が 「大変だったでしょ?!」と言われますが


実は・・・  この時 大変だったのは・・・   なんと!!  お・や・じ



車に酔っちゃって(笑)  リタイア!!


「後で 迎えに来て!!」 と降りちゃいました。



展望所について みんなで 「どこだ?!」と 探していると


携帯が ♪ ♪ ♪


「俺 判る?!」


   「うん!! カメラの望遠で キャッチしたよ♡」



普段 主に自分の運転か、私の運転にしか乗ってないので・・・


他人の運転には 弱いみたい・・・。





私たちが 乗船する船が 入港してきました。





1泊2日の下甑島の旅も 終わりを迎えました。



また!!  必ず来るからね!!  それまで お元気で!!!






親子3代でお見送りしてくださいました。
author:焼酎女将, category:2012年 8月 ぐるっと九州, 17:13
comments(0), trackbacks(0), - -
2012年夏 まわれプロペラ!!島から島へ渡り鳥
蔵の横には


  石燈籠







そして


  武家屋敷通り





  下甑島の最南端、手打集落の入江に沿って武家屋敷通りが700mほど続きます。


  積み上げた美しい玉石垣と、きれいに刈り込まれた植栽がしっとり落ち着いた雰囲気。


  (パンフレットより)







 蔵から宿までは せっかくなので歩いて行きました。




少し 日が落ち始めた頃(16時半頃)


みんなで 海に出ました。


男性陣は 水着持参で とっても気持ちよさそうです。





九州へ来て海に出ると・・・


日差しがきついので 地元の方は 日が落ちた夕方から海にはいられます。


気温は 十分暑いですから・・・。


おやじも ひとしきり騒いで!!




流木の上で休憩。


おぉ〜〜〜〜〜!!  何か はるか遠くのものを 捉えたようです。



「お〜い おやじ!! 未来は見えたかい?!」


と、聞きたくなりますね。


「今は うっすらとしか見えなくても、しっかり!! 捉えていてよ!!」


と、背中をたたきたくなりますね(笑)




途中 ひとりで辺りをブラブラお散歩。




島の中 唯一の信号機


小学校から出てきた所にあります。






右奥に見えるのが・・・


  「おふくろさん」歌碑


  演歌歌手森進一の実母は手打の出身。

  歌碑の前に立つと 「おふくろさん」 が肉声で流れてきます。

  碑文は 作詞家の故・川内康範先生の直筆によるものです。

  (パンフレットより)





あっ!! 路線バスが やってきました。





一度は 乗ってみたいなぁ〜♪



かわいい鳥にも 出会いました。





そうこうするうちに・・・  陽も落ち始めました。


夕暮れが 訪れます。




服に着替え 海岸で一息つきながら 焼酎談義。


月が 顔を出し始めました。





この後、


吉永酒造場の 川畑さん親子を交えて 夕食。


勿論 話題は 焼酎!!



夜も深まり 星が空を埋め尽くした頃・・・


大の大人が 揃いも揃って


浜辺で 寝ころび


こぼれんばかりの満天の星空・・・  ミルキーウェイを静かに眺めて


しっぽり大人の会話を楽しんでいたはずが・・・


なぜか?! おおさわぎに!!


まだまだ!! 子供です (≧。≦)ゞ (笑)


そして


男性陣は 再び宴会。



朝!!


私は 何と言っても!!


甑島の朝が 一番大好き!!


「これが 朝だ!! 朝なんだ!!」


と、思うんですよね。





あっ!! 陰側から写したから わかりにくいかな?!


澄みきった青空に空気!!


この時間が 大好きです。



みなさんにも この朝を 迎えてほしいな 
author:焼酎女将, category:2012年 8月 ぐるっと九州, 16:24
comments(0), trackbacks(0), - -
2012年夏 まわれプロペラ!! 島から島へ渡り鳥
いやいや・・・ ほんと (>。<)ゞ 


時間が経つのが早い!!


すみません。


記事を書くのが 遅いだけですね。 






夜遅く・・・ 萬膳酒造さんをあとにして


国分で宿泊をしました。


そして


次の朝・・・。


串木野港に向かいました。




澄み渡る青い空。


船に乗るには いいお天気ですね。


入口の看板は・・・





あっ! 私たちが乗る船が入港しました。





『フェリー ニューこしき』 です。



これに乗って向かうは  『下甑島』 です。




前回訪れた 2008年には 手打港でしたが


今は 長浜港にはいるようですね。



ここで 少し 『甑島』の案内を。


   鹿児島県本土 薩摩半島の西方約50キロに位置し

   東シナ海に浮かぶ

   上甑島・中甑島・下甑島の3島と小さな島々で構成される 甑列島。




すみません。あまりに簡単な説明で・・・。


で、


私たちが向かう下甑島は この甑列島の南端です。



船の上では


甲板に出たり、 座敷で寝転んだり 自由に時間を過ごします。





あまりの空の青さに 見上げると





そして


伝わりますか?!  海の青さ!!




写真では分かりにくいのですが


甲板より手を振るだんなが 海面に映ります♪


こうして 時間を過ごすうちに


長浜に 入港します。







レンタカー2台に分乗して 出発!!


ちなみに我が愛車は 串木野新港でお留守番(駐車料金無料♪)


向かうは


  吉永酒造場さん



前の蔵の斜め向かい辺りに 新しい蔵を建てられました。




蔵からは 海が見えます。





「こんにちは!! 川畑さん!!」





新しい蔵を見学させていただきました。


ひとつひとつ 機械の説明?!名称?!の札が かかっていました。


観光で訪れた方々には 分かりやすいですよね。


今、 離島への観光 がたくさん計画されていますし


また 訪れる方も多い様で。


初めて蔵見学をされる方にも分かりやすい環境。


ちょっとしたことから 焼酎への興味、親しみが湧くのでしょうね。



是非 みなさんも 離島への旅 いかがですか?!


思うほど 遠くはないですよ。


そして 青い海と空に 出会えますよ。



   蔵見学は 事前に連絡されて 時間調整をされる事を おすすめします。





私たち蔵を見せていただくことに慣れていますので


各々 興味のあるところを 重点的に見せていただきました。


で、


明日の朝 仕込みがあるということで


朝いちに もう一度訪れる事にして 蔵を後にしました。


author:焼酎女将, category:2012年 8月 ぐるっと九州, 18:53
comments(0), trackbacks(0), - -
2012年夏 まわれプロペラ!!島から島へ渡り鳥
長々と 放置の 昨年2012年夏の旅 再開します。


今年の旅に出るまでには 終わらせたい (>。<)ゞ


旅の予定?!


う〜〜〜ん まだそれは・・・ 先です。






「お久しぶりです!!」


旅の友と鹿児島空港 で 再会である。


今回の旅の なかなかのメンツ。


楽しい旅に なりそうだ。


しかし


顔を合わせた途端に 外は どしゃ降り!!


  だれだ!! 雨男は!!!!!




彼らは レンタカー2台に別れて乗車。


そのあとに 姫路ナンバーの我らマイカーが続く。


途中 昼ご飯を食べて


向かうは  萬膳酒造さん


萬膳さんにお伺いするのは 私たちは2度目。


慣れた道を行く 前車について 山道を登っていく。


心の中で・・・


『今は おやじの運転 。 宴会でおやじは呑むので 帰りは私の運転・・・


   雨の中 知らない山道を ミッション車で 帰るのかぁ〜。 はぁ〜。』



私たち夫婦は 前回が2006年訪問だったので  6年ぶりの訪問。


蔵の写真を撮っていたら


「あれ?! もう着いた?!  こんにちは。 今 作業中だから待っててね。」


と、幕の横から 顔がのぞく・・・。





蔵の横には 蔵を訪れた人を迎える為に ロッジ?! がある。


そこで 思い思いに 時を過ごす。




おやじが眺めるのは・・・




自然がいっぱいの空間


なんとも 落ち着きますね。


雨もやみ 空も澄みわたってきましたね。





夜は


萬膳さんと蔵人さんと みんなで 宴会。


おやじも 運転をしなくていいとあって


愉しげに飲んでいました。


話は 焼酎!!


焼酎話に 花が咲きます。


飲食店の 集まりと言う事もあって


とある1人の 萬膳の水割りをめぐって これは 旨いのか!!


の議論が 始まります。


駄目だしも多く その方は 肩を落としてしまいましたが・・・


萬膳さん自ら 水割りをつくってもらおう♪


なんて つくってもらうと みんなで


「やっぱ おいしいなぁ〜」



まぁ〜 時が経つのを忘れて 楽しみました。


片付けの後・・・ なにやら話してましたよ




まるで 親戚のおじさんと 話すように・・・。 



author:焼酎女将, category:2012年 8月 ぐるっと九州, 15:05
comments(0), trackbacks(0), - -
2012年夏 まわれプロペラ!!島から島へ渡り鳥
気持ちよい目覚め


おやじは 朝風呂に・・・


私は 食後にお散歩に・・・






思い思いに時間を過ごす。



今日は


昼過ぎに 鹿児島空港に 神戸からの旅の友が 降り立つ。


ここから 2泊3日 旅を共にする。


飛行機の時間には早く・・・


近くの観光をする。 


通りすがりに見つけた公園に行ってみた。


空港のすぐ近所である。







     西郷公園 である。


入園料無料の 公園である。



西郷どん が 見守ってくれている。








この西郷隆盛像は


故古賀忠氏の作品で


個人の方からの注文で制作中 注文者がお亡くなりになり、


引き渡すこともなく 古賀氏の倉庫で時を過ごしていたそうです。


で、古賀氏もお亡くなりになり


翁の故郷である ここ鹿児島への 建立を切望され


たくさんの方のご尽力で 今 ここに 姿を見ることになったようです。


高さ10.5m  重さ30t


偉人像としては 日本一の銅像 なのです。





ここで 西郷氏の 足跡を見て


なぜ 大分縣護国神社 に  西南戦争で亡くなられた方の墓石があったのか 判明した。


知らないことが多く こうして訪れることが 本当に勉強になる。



時間がまだあるので 近くをドライブする。


道の駅 に入る。


この辺りは 茶葉畑が広がる。




木造の展望台があったので 登ってみた。






私は高い所が大好き!


同じ申年なのに おやじはあまり好まない






日陰で 涼み中。



さぁ!!


そろそろ 鹿児島空港に 向うとするか!!






こんなに 晴天なのに!!


なぜか・・・ なぜなのか・・・


神戸からの旅の友が 到着すると 大雨に!!


誰だ!! 雨男は!!



                    つづく
author:焼酎女将, category:2012年 8月 ぐるっと九州, 01:06
comments(0), trackbacks(0), - -
2012年夏 まわれプロペラ!!島から島へ渡り鳥
リベンジを果たせなかったおやじ・・・


島を出るのは 昼過ぎになった。


で、


予定を変更して、訪れたい場所を明日に延ばし・・・


朝一に訪れられるように その近くに宿を探す。


夕方に訪れた場所は 原鶴温泉。


週末ということもあって 宿が見つからない。


しかし


粘って見つかった温泉。


源泉100% かけ流し


湧くよ湧くよ・・・ 自分達しかいないのに・・・ もったいない気がするほど。



ゆったり温泉につかり、 アルコールは一切なし。


爆睡となる。


朝はさわやかに目覚め!! ひとっ風呂。



で、



今回の旅の中で 焼酎蔵以外で唯一行きたかった場所に向う。




   筑前町立 大刀洗平和記念館







  西日本における陸軍の航空拠点・大刀洗飛行場が存在した


  大正8年から昭和20年までを


  航空史とともに紹介されています。 



大刀洗飛行場は 特攻隊の中継基地でもありました。


詳しくここで書き始めると・・・  終わりが見えなくなるので・・・



   筑前町立大刀洗平和記念館



HPをリンクしていますので、 どうぞ関心がある方は のぞいてみてください。




展示されている中で 唯一撮影ができた機体


   世界で唯一の現存機


     零式艦上戦闘機三二型


















このアングルはどうですか?!






戦争の悲惨さだけを伝えても何も伝わらない。


本当は何があったのか。


この歳になって 理解できることがたくさんあります。


知らない歴史が たくさんあります。


たくさんの本を読み、いろんな角度から見た書物を読むことで偏らないようにする。



じっくり時間をかけて まわらせていただきました。


昼過ぎに会館をでて、今夜の宿を探す。


これまた、週末ということもあって・・・ 


    旅の間は 曜日感覚が薄くなっちゃうんですよね。



あっ!! やっと見つかりました。


明日の予定に合わせて 鹿児島空港の近くに。



決まれば 速攻走る走る!!






妙見温泉に宿をとる。


この夜も 源泉100%かけながし。


この日は 夕食もお願いしてましたので


川のせせらぎ、虫の音をBGMに食事をとりました。


この日も アルコール抜き。


旅の間 ずっと飲んでる訳でもないんですよ!


宴会が決まっている日はわかっているので あえて他の日は アルコール抜きなのだ!!


この日も 何度も温泉に入って・・・


爆睡なのだ。



                     つづく
author:焼酎女将, category:2012年 8月 ぐるっと九州, 14:36
comments(0), trackbacks(0), - -
2012年夏 まわれプロペラ!!島から島へ渡り鳥
昨夜は2次会まで。


おやじは一昨年撃沈した “メンバーズクラブ ドル” にリベンジ!!


と、張りきってはいたが・・・


次の朝 


起きれない・・・  食べれない・・・



こりゃまた 次回 リベンジだな (笑)



そんなおやじにほっとかれて ひとり朝食 お買いもの。



チャックアウトギリギリで 復活・・・。



太三さんに挨拶に行っておこう。


ホテルから近いので歩いて・・・






う〜〜〜ん まるで里帰りした島民のようなおやじ。


まぁ〜毎年来てたら・・・ 里帰りみたいなものか!!


「そう言えば・・・ 『今日は少年野球の試合で 島外にでる』 と言われてたな!!」


と、いうことで お留守でしたので


前の お宝神社にしっかりお参りをしてから・・・








帰ることにしました。


ここも毎年訪れます。


   そろそろ・・・ ちょびっと当たりますように・・・  なんてね。



で、


朝食抜きのおやじは 復活と共に空腹が・・・。



バスの時間調整もあり  おなじみ  “うにハウス”へ。



壱岐のバスは 一昨年に利用!!


お気に入りの交通手段。


バスがきました。






印道寺まで乗って、 石田の雄三さんに挨拶に寄ると


雄三さんも お疲れモード・・・。


みんな?! 歳には勝てなくなってきました。(笑)


港まで 見送りに来てくださり


「また 来ます。」


と、かたく握手をかわし 手を振ってお別れ。



そうそう!!


少年野球 太三監督 とは同じ船便でした。



雄三さん、太三さん


今年も 大変お世話になりました。


本当に ありがとうございました。








  「また 来るからねぇ〜!!」




                つづく
 
author:焼酎女将, category:2012年 8月 ぐるっと九州, 18:28
comments(0), trackbacks(0), - -
2012年夏 まわれプロペラ!!島から島へ渡り鳥
4人で 熱く焼酎談議!!


内容?!


それは 熱過ぎてここでは書ききれませんので あしからず・・・。



で、



ついつい忘れるところでした・・・。



「あっ!! 毎年見てるけど、蔵見せてもらっとこかな?!」



「あっ!! ほんとだ! 見ときます?!」







説明を聞くというより 実情話や将来の話。



短パンの3人衆・・・。



よくよく考えると・・・ あまりにラフすぎるおやじの格好 (>。<)ゞ


そう言えば 港で雄三さんの一言目が


「その格好!!」


だったな・・・。



おやじ!! 次回はびしっときめて行くか?!


いやいや・・・ 着替えが増えるだけだから やめておこうね。




昼食は おやじリクエストで 中華のお店に。


美味しくいただきましたよ!!


そう言えば 旅の途中でTVを見ていると・・・


その中華のお店が 出てました!!


さすが!!  って感じでした。



で、夜の密会?!までの時間・・・


車でちょっと走りました。


ナビ必要なし!  地図も必要なし!!


なにもなくとも 自由に走れる壱岐の島 ♡


昨年 行ったのに・・・ちょっとしたことで写真を取り損ねた場所。



   『猿岩』










この日も 海が碧かったぁ〜。


ひとしきり 眺めて・・・ 撮って・・・。


おやじが一言  「満足したか?!」



で、



睡眠不足を補うため ホテルに向い


温泉に入って 仮眠をとる。



夜は お気に入りのお店に。


昨年 甥っ子達も大満足!! 「また行きたい!」 と申しておりました。



昼間もたっぷり話したのに・・・


夜は夜で


話は尽きず・・・。


あっという間に 日が変わる・・・。



          つづく





 
author:焼酎女将, category:2012年 8月 ぐるっと九州, 16:47
comments(0), trackbacks(0), - -
2012年夏 まわれプロペラ!!島から島へ渡り鳥
ちょっと 昔は フイルムカメラだったので



写真を 撮り直したので ちょっと画像がいまいちですが・・・。





今昔物語を・・・。 



壱岐へ渡るには 博多港利用と東唐津港利用があることは


なんどとなく  書かせていただいていますが・・・


その昔 2006年までは


佐賀県 呼子 から 船は出ていました。



その時の写真です。





これは 初めて壱岐に渡った 2005年(H17年) です。


この時 おやじは37歳になる年。


おやじの言葉を借りれば・・・


まだ誕生日はきてなかったので 36歳ですね。



今この地は


烏賊を食しに来る観光客でにぎやかです!!



船は・・・






国道フェリー  です。



また


入港する 印道寺港も 様変わりしました。



今は






この様な様子ですが  2006年までは







この様な様子でした。



だから



2005年以来3年ぶりの2008年(H20年)に壱岐に渡るとき


あまりの様子の違いに ちょっと戸惑いました。





変わったと言えば・・・




2005年 ひょんな思いつきで壱岐に行ったのですが・・・



郷ノ浦でまずは ウニ丼 を食して ドライブをしていた時に



郷ノ浦の重家酒造さんの前を通りました。


雑誌で なんどとなく見ていたので 入ってみようということになり


突然 「こんにちはぁ〜!!」 と、入ったところ


ちょうど 太三さんがいらっしゃり 出迎えて下さいました。



これが



重家酒造さんと一夢庵の 最初の出会いです。



その時の写真が・・・






太三さんもおやじも  若っ!!



この出会いがきっかけで お付き合いが始まりました。



とても素敵な出会いでした。



一夢庵には 必要な 多分・・・ 定められていた出会いだったと思います。




そして


2008年(H20年)4月 再び 訪れました。






石田の蔵の前での写真です。


この年から 毎年 訪れるようになりました。


それは 昔からの友人を訪ねて行くかのような 気分です。




で、



今年



港に着くと 雄三さんが来てくださっていました。


まずは 石田の蔵に・・・。


そこには


太三さんも来てくださっていて


早速 焼酎談議。


焼酎談議を始めると 時間が経つのを忘れそうになりますね。


とにかく 本音トークの嵐。


楽しい 有意義な時間です。


壱岐に行くと


とにもかくにも 焼酎談議。


初めて逢った2005年(H17年)から 早7年


この所 5年連続の 訪問  


通算にして 6度目の訪問


どれだけ 焼酎の話をしたでしょう!!


そして


お互い 歳を重ねましたなぁ〜





今年は 雄三さん作の看板の前で。




おっと!! 来年も既に行く予定が!!


   
                    つづく   

author:焼酎女将, category:2012年 8月 ぐるっと九州, 18:10
comments(0), trackbacks(0), - -