RSS | ATOM | SEARCH
2016年 初冬の玄界灘を渡る

11月の最初の土曜日

 

 

朝早く 新幹線に乗り込み 一路福岡へ

 

 

          (昔の 姫路駅の一部は 残っています)

 

 

 

 

睡眠時間3時間のおやじは 乗車するなり 軽食と缶酎ハイ

 

 

そして ウトウト。。

 

 

格安のチケットということもあり 指定ではあるけれど “ひかり” に乗車。

 

 

そこそこの睡眠時間確保 (笑)

 

 

 

博多駅からは タクシー乗車(15分程)で 博多港へ。

 

 

滑り込みの乗船手続きにて

 

 

『壱岐』へのフェリーに乗船。

 

 

 

 

 

 

 

離岸・着岸を見るのが大好きな私は おやじに荷物を預けて 一人甲板へ。

 

 

今から始まる旅への想いに耽る・・・。

 

 

 

 

 

 

 

軌跡を見てると・・・

 

 

ついつい 中島みゆき『地上の星』を 音痴ながらに口ずさんでしまう私 (笑)

 

 

それでもって 『地上の星』と同時に頭の中に響くのは

 

 

 「ロータリーエンジンの音」

 

 

なかなかおかしな奴だな?!と 自分で思う (笑)

 

 

博多から壱岐までは フェリーで 約2時間程

 

 

          ジェットホイルでは 約1時間程

 

 

船旅が好きな私たちは 勿論 フェリー派

 

 

1枚50円のレンタル毛布を借りて ごろ寝爆睡な二人。

 

 

 

壱岐島が見えてきました。

 

 

博多から郷ノ浦に入港のフェリーですが

 

 

今日は日中工事の為 入港できず 芦辺港に変更のフェリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おやじも風にあたる。

 

 

おやじは 2年ぶり8回目の 壱岐上陸

 

 

私は 4年ぶり7回目の 壱岐上陸

 

 

ワクワクドキドキ♬ の瞬間です。

 

 

芦辺港に着岸します。

 

 

 

 

あっ! 島唯一の『ダイエー』も『イオン』に変わっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

「こんにちはぁ〜!!」 と出迎えてくださった 雄三さんに挨拶。

 

 

「その服装は 目立つわぁ〜」 と雄三さん。

 

 

 

一泊二日の 壱岐島の旅  はじまりはじまりぃ〜〜〜〜♪

 

author:焼酎女将, category:2016年 11月 長崎県壱岐島, 16:19
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:19
-, -, - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。