RSS | ATOM | SEARCH
2016年梅雨晴れ間 猿年夫婦の縁酎旅

「そうそう 昨夜は水上村に泊まったのですが

 

 ご主人のお勧めで 今朝は 市房山に登って来ました。

 

 なんの準備もしていなかったので 途中までですがね。

 

 次回は 準備をして 神社までお参りに行きたいと思います。」

 

と、話すと

 

宮元さんは 蔵から見える山を指差して

 

「ここからも見えるよ。

 

 あれが 市房山だよ。

 

 冬に市房山に雪が降ると 冷たい風が 球磨川に沿って降りてくるから

 

 本当に 寒いよ。」

 

 

 

「では またあとで」

 

11年振りの蔵に お別れをして

 

人吉温泉に向かいました。

 

 

人吉では 老舗のホテルに宿泊でした。

 

過去名だたる著名人もお泊りになったと・・・

 

その当時の お写真が飾られていました。

 

立派なお部屋で 部屋の窓からは

 

『人吉城址』が見えます。

 

 

今回は 時間がないので 次回は散策の時間をもうけたいと思いますね。

 

 

お部屋に入って すぐに窓辺に行ったおやじが 小声で

 

「おい! そろ〜と静かにこっちに来てみ」

 

 

あらあら♪ 可愛いお出迎え カワ(・∀・)イイ!!

 

 

ちょっと雨宿り・・・な休憩場所のようですね。

 

だって 目が合っちゃうんですもの

 

 

「こんにちわ! 今日のお泊りは貴方ですか?!」

 

なんて言っているんでしょうか?!

 

 

ゆったりお風呂に入って さっぱりしたところで約束の時間。

 

再び焼酎談義に 花が咲きます。

 

「あれ?! いつも飲んでる焼酎だのに 何か違うぞ?!」

 

焼酎をグラスに注ぐ私を笑顔で見られます。

 

「そうですかぁ〜 うれしいなぁ〜」

 

 

球磨焼酎と川魚のマッチングに

 

 

話は弾み! 杯はすすみ! 夜は更けていくのであった。

 

 

「また おいでよ」

 

 「はい 必ず来ます」

 

「奥さんを必ず連れてくるんだぞ」

 

 「近いうちに 連れてきてもらいますね」

 

「待ってるよ。」

 

 

     つづく

author:焼酎女将, category:2016年 6月 福岡・熊本・鹿児島・宮崎・大分の旅, 18:00
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 18:00
-, -, - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。