RSS | ATOM | SEARCH
2018年春を先取り 鹿児島路

昨年の2月 ご縁あって 

 

 

国分酒造さんの杜氏 安田氏と永山氏に出会った。

 

 

私は じっくりと一時間以上にわたり 安田氏とマンツーマンでお話をした。

 

 

7月には 社長笹山氏とも 出会った。

 

 

そして

 

 

出会いと共に 国分酒造さんの焼酎が 当店のラインナップに仲間入り!!

 

 

すぐに 魅力にハマる呑み手たち💛

 

 

これは 急ぎ お伺いしないと!! ということで今回の訪問となった。

 

 

 

 

 

 

「昨夜は鹿児島で呑んじゃって・・・ いまいち不調なんですよねぇ〜」 とおやじ。

 

 

「わたしも 先日呑み過ぎちゃってね」 と安田氏。

 

 

こんな再会のスタートでした。

 

 

少しばかりお話したところで 現場を見せていただくことに。

 

 

原料の芋の試作苗から 麹米の試作稲の話に始まり

 

 

黄金千貫(原料芋)以外の芋を使って仕込む安田氏の気持ちを聞いて

 

 

ちょっと笑っちゃいました!

 

 

「こんなこと言っては失礼ですが らしいと言えばらしいですね(笑)」

 

 

 

 

 

いつものように 写真の許可をいただき たくさん撮らせていただきました

 

 

が、いつものようにネット上にはアップいたしませんので

 

 

興味がある方は 来店時にお声をかけてください

 

 

たんまりと撮った工場内を 見ていただけますよ。

 

 

 

 

ひとつひとつ丁寧に説明をしてくださいます

 

 

おやじとの焼酎論も熱く! 笑顔こぼれる時間を過ごさせていただきました。

 

 

ちょっと興味あるモノを・・・

 

 

「運転はどちらが?!」 の問いに

 

 

間髪いれずに 「主人がします」

 

 

 

と、いうことで・・・

 

 

香りを楽しむだけのおやじの ちょっと恨めしそうな顔

 

 

じっくり味を利く私に 質問攻め (笑)

 

 

 

 

ひとくちつけて 口の中で転がし 「これはぬるめのお湯割りが愉しめますね」 と。

 

 

「ちょい加水の よ〜く冷やしてもおいしいですね」 と、感想を話しました。

 

 

度数ありますが そのほうが味の深みが解りやすく

 

 

(割った時の味の伸び幅が)イメージをしやすいので好きです。

 

 

これを口にできる機会なんてないですから! と全部いただきました (笑)))

 

 

 

 

安田氏がこのお気持ちで取り組まれているなら

 

 

わたしなんて まだまだひよこならぬ卵か???!

 

 

早く殻を割って・・・ 頑張らなきゃ!!

 

 

 

 

現場の中で・・・ そして事務所に戻って・・・

 

 

夜はみんな揃って 焼酎を呑みながら 熱い話は続きました。

 

 

造り手の話を聞き より国分酒造さんの醸し出す焼酎への私なりの理解が深まりました。

 

 

私たちも 割り手としての話やカウンターでのお客様の話をいろいろとさせていただきました。

 

 

「呑み手に一番近いところにいらっしゃる方の話は参考になります」

 

 

と、笹山社長が言ってくださいました。

 

 

 

 

 

一日 時間をとってくださり 本当にありがとうございました。

 

 

とても充実した貴重な時間を過ごさせていただきました。

 

 

私たちの感じたことを 味に乗せて お客さまに伝えていきたいと思います。

 

 

また お伺いさせていただきます。

 

 

これからもよろしくお願いします。

 

 

追伸:安田氏との現場での熱き話に すっかり元気回復したおやじでございました

 

   特効薬でございます(笑)

author:焼酎女将, category:2018年 2月 鹿児島, 15:38
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:38
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://sakezukioyaji.jugem.jp/trackback/180