RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
2011年秋 大分階段登り旅  宇佐神宮
目覚めの良い朝を迎え


朝風呂に入り


3連泊した お気に入りのホテルを 後にする。


向うは


  宇佐神宮


   全国4万を超える八幡神社の総本宮である。


   古代より国の重要な出来事に大きな影響を与えており


   伊勢神宮に次ぐ 第二の宗廟としても栄えました。


   725年 聖武天皇の勅願により


   現在の地に 社殿が造立されました。



では


足を踏み入れてみましょう。






実は 前回の宇佐訪問時にも立ち寄っているので 2回目ですね。


訪れた日は ちょうど 地元播州では 『灘のけんか祭り』 の日。






   26号蒸気機関車(クラウス号)


   明治24年のドイツ製で 昭和23年に国鉄から大分交通に譲られると


   宇佐駅と宇佐神宮を結ぶ 宇佐参宮鉄道の主役として


   昭和40年まで活躍しました。






   神橋 を渡ります。






   手水舎




宇佐神宮には 上宮外宮 があります。


片詣りにならないように まずは上宮にお参りします。






さぁ〜 階段をのぼります。



階段の先に






  
   夫婦岩


   1人の方は 両足で、


   夫婦やカップルの方は手をつないで一緒に踏むと


   幸せになれるといわれています。



と、いうことで・・・



とりあえず 手をつないで 踏みました。


結婚式以来でしょうか?! 手をつなぐなんて♪


同行者も 「初めて見た!!」 と笑っていました。



宇佐鳥居をくぐり





   西大門


   桃山文化の華麗な唐破風をした門で 


   本殿や勅使門とともに宇佐神宮を代表する建造物の一つです。







   上宮


   一之御殿 : 725年に八幡大神(応神天皇)が祀られました


   二之御殿 : 731年に比売大神が祀られました


   三之御殿 : 823年に応神天皇の母である神功皇后が祀られました



横から写真撮れば よかったですね。


   横から見ると 屋根がM字に見える八幡造りという古い神社形式を今に伝えています。


次回は 撮ってきますね。



お参りの作法は 二拝四拍手一拝 です。


他の神社のお参りの作法とは ちょっと違うんですよね。 




次は 外宮へ










   下宮


   御祭神は上宮と同じで 古くから御炊殿(みけでん)といい


   神に捧げる食事を調理する場でもありました。




お参りをして帰ります。


大鳥居をくぐります。






   大鳥居


   宇佐鳥居には額束がなく 黒い円形の板(台輪)を柱上に置く


   宇佐古来の形式の鳥居です。







訪問地の神社は 出来る限りお参りさせていただきます。


訪問の御挨拶ですよね。



ここ宇佐にも 素敵なご縁があります。


これからも 訪れるたびに お参りさせていただくでしょう。



さぁ!!


次なる訪問は 酒屋さんです。


メールでのやりとりしかなかった酒屋さん。


どんな方か どんな風景か 楽しみですね!!


『顔の見えるお付き合い』


を、モットーにしているおやじとしては 是非とも会っておきたい方の1人です。


          つづく

 
author:焼酎女将, category:2011年 10月 どっぷり大分, 15:06
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:06
-, -, - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。