RSS | ATOM | SEARCH
2016年梅雨晴れ間 猿年夫婦の縁酎旅

随分放置になっていました(汗) 昨年の旅日記

 

 

気が付けば! 一年前の今日の話(笑)

 

 

 

 

さてさて

 

 

九州上陸2泊目のお宿 熊本県 水上村

 

 

    湯山温泉 民宿川原 別館

 

       (リンク貼っています!)

 

 

 

通常 九州の旅は ビジネスホテル泊がほとんどです。

 

 

30代の頃は 車中泊がほとんどで

 

 

布団に寝たけりゃ ラ〇ホに泊まる・・・という 強行軍。

 

 

しかし 

 

 

50も近くなるとそうもいかない。

 

 

ロングラン(今回は10泊11日)の旅に体力が持たない(笑)

 

 

と、いうことで?!

 

 

旅の途中に 1件は温泉宿にお世話になる。

 

 

   意外な話

 

   このお宿が お客様の九州旅行に役立っている。

 

   今まで 何度となく案内をして みなさんとても喜んでくださっている。

 

   ちょっとした旅のお手伝いも兼ねている♡

 

 

今宵のお宿の 『民宿 川原』 には 本館と別館がある。

 

 

私たちは 『別館』に宿泊。

 

 

別館は 3組泊まれるのだが・・・

 

 

地震の影響のようで 私たち夫婦のみ

 

 

要は 貸し切りであった。

 

 

 

早速 お風呂に入る。

 

 

「あがられたら コック止めといてくださいね。」

 

 

の 流しっぱなしの温泉。

 

 

お風呂からあがったら 縁側でお茶をいただく。

 

 

 

 

 

山の天気は判らず

 

 

ザワザワと木々が騒ぎ始めると ザァ===と雨。

 

 

かなりの激しさである。

 

 

しかし 縁側で 眺める山の雨も 一興である。

 

 

 

 

 

酔わないうちに 一枚パチリ!

 

 

本館での食事のはずが 雨が降っているので・・・ということで

 

 

別館に 運んでくださり ゆっくりお食事。

 

 

せっかくなので 焼酎をボトルでいただく。

 

 

最初の一杯は 珍しくおやじの作り。 (写真用?!(笑))

 

 

球磨焼酎(米焼酎)は 川魚によく合った。

 

 

ここでも 話題は 焼酎談義。 店運営話。

 

 

まったくもって 色っぽさ無し。

 

 

ペロっと 4合瓶も空いちゃって 早めの睡眠タイム。

 

 

なんとも 贅沢な時間の使い方だ。

 

 

朝は 早めに目覚め またまたお風呂タイム

 

 

そして

 

 

縁側 お茶タイム。

 

 

 

 

 

 

 

朝食は 本館で。

 

 

ご主人とお話ししながらのお食事タイム。

 

 

 

 

ご主人は 修行時代 大阪にもいらっしゃったとか。

 

 

一品一品丁寧なお料理で 美味しく

 

 

昨夜は無理言って お代わりをいただいたお品も。

 

 

午前中 時間があるので・・・と

 

 

ご主人のおすすめ 『市房山』 を目指すことにする。

 

 

川原ご夫妻 本当に素敵な時間をありがとうございました。

 

 

必ずや また参ります。

 

 

どうぞ 覚えていてやってください。

 

 

     つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

author:焼酎女将, category:2016年 6月 福岡・熊本・鹿児島・宮崎・大分の旅, 14:41
comments(0), trackbacks(0), - -
2016年梅雨晴れ間 猿年夫婦の縁酎旅 

さて、熊本に向かって GO!!

 

 

 

 

と、言いつつ・・・ ランチタイム。

 

 

地元素材のお弁当 & 初スムージー。

 

 

ヘルシーにスムージーを選びつつ 汗ばむ暑さに ソフトクリームをトッピング。

 

 

「カロリー崩しだなぁ〜」とおやじ。

 

 

旅先ならではの初体験に ご満悦 (⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

 

さてさて

 

 

大分自動車道から鳥栖JCTを経て 九州自動車道に。

 

 

 

 

4月の地震の復旧工事の為 高速片面(上り車線)での対面交通。

 

 

対面に違和感はないが・・・ 左に下り車線が見えるとなんか違和感。

 

 

 

 

 

おやじが 助手席でカメラをかまえる。

 

 

下記の写真 判りますか?!

 

 

道路面の段差を!!

 

 

ここが 一番の歪みの場所です。

 

 

 

 

地震の大きさが判りますよね。

 

 

 

 

しかし 復旧の迅速さを感じます。

 

 

対面に関わらず 渋滞もなく 対面通行の範囲も短かったです。

 

 

 

 

九州に来るたび思うのですが

 

 

県ごとに 山の稜線が違うんですよね。

 

 

熊本は 熊本に来たなぁ〜 と思わせてくれる 山々が出迎えてくれます。

 

 

 

 

今回の 私にとって 新しい知識。

 

 

この畑 何の畑か?? 判ります?!

 

 

 

 

おやじに教えてもらいました。

 

 

『煙草』の畑です。

 

 

若干 「おいしそうな菜っ葉だなぁ〜」と見てたことが恥ずかしい (>。<)ゞ

 

 

 

 

煙草の葉の収穫に使う機械です。

 

 

動いている様子を見て

 

 

「今日は収穫ではないな。 肥糧散布か何かだな」 とおやじ。

 

 

 

 

今回の旅では たくさんの煙草の畑を見ました。

 

 

何故?今まで気が付かなかったのか?? と思うほど ありますよね。

 

 

 

明日訪れる 多良木町 をひとまず通過。

 

 

 

 

この日の お宿は

 

 

人吉から 東に入った 山の麓  水上村の湯山温泉。

 

 

author:焼酎女将, category:2016年 6月 福岡・熊本・鹿児島・宮崎・大分の旅, 15:05
comments(0), trackbacks(0), - -
2016年梅雨晴れ間 猿年夫婦の縁酎旅 

気が付けば・・・ 秋祭りも終わり 冬支度をしようかという 今日この頃。

 

 

あの夏の始まりの思い出が 遠い昔のような・・・

 

 

 

さてさて  旅の2日目

 

 

朝風呂に入り お野菜たっぷりの朝食をとり さぁ!!出発。

 

 

今日の目的は 移動。

 

 

明後日の熊本の予定に大事をとって 今日のうちに熊本入りをする。

 

 

震災から2か月。

 

 

蔵元さんが 道路状況などの情報を電話連絡くださる。

 

 

そして

 

 

「無理せず 気をつけてお越しくださいね。」

 

 

私たちも 必ずお伺いしたいので 大事をとって前日入りを決定。

 

 

 

 

熊本とは反対方向だが まずは福岡県朝倉に向かう。

 

 

 

 

今日も快晴。

 

田植えはまだの模様。

 

 

 

 

筑前町のバスバス走る♬

 

 

 

 

 

 

 

 

   麦焼酎 『天盃』

 

 

福岡に来て ここに来ないわけにはいかない(笑)

 

 

「前回と変わったとこないけど 見とく?!」

 

 

なんて始まりでしたが 話はがっつり(笑)

 

 

いつも勉強になります。

 

 

多田さん ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

この甕は 『古久蔵』 に入る準備。

 

 

今回は 時間が足りず 『古久蔵』には向かえませんでしたが 次回は是非!!

 

  と、言うことで・・・ 『古久蔵』の説明もその時にね。

 

 

 

上記の写真は 今回のお気に入り写真。

 

 

折角のホワイトボードを活かすため 蔵元夫婦に見守られながら記念撮影。

 

 

 

 

そして ここまで来たら もう一軒。

 

 

いつも 突撃訪問なのですが、 いつも快く迎えてくださる蔵元さん。

 

 

 

 

 

  麦焼酎 『ゑびす酒造』

 

 

 

健太郎さんとも 東京での会で知り合い早3年。

 

 

短い時間ですが いつも濃いい話を・・・

 

 

 

 

実は 店舗は臨時休業だったんですよね。

 

 

確信犯での 突撃訪問にお付き合いくださり ありがとうございました。

 

 

「これからは 連絡入れてきますね。」

 

 

のおやじの言葉に

 

 

「いやいや 塩谷さんは突撃でいいですよ。 いつ来てか判らない緊張感がいいですからね」

 

 

おやさしい言葉 ありがとうございます。

 

 

「では 次回も 突然来ますね(笑)」 と別れました。

 

 

 

 

author:焼酎女将, category:2016年 6月 福岡・熊本・鹿児島・宮崎・大分の旅, 14:07
comments(0), trackbacks(0), - -
2016年梅雨晴れ間 猿年夫婦の縁酎旅

気が付けば・・・ 旅から戻り もうすぐ一か月が来る。

 

 

そろそろ 旅の話を始めようか (笑)

 

 

いつものごとく 徒然なるままに・・・

 

 

どうぞ 気長なお付き合いを (笑)

 

 

さて 旅に出たのは 6月9日 10時になろうかというところだったか。

 

 

「始まりはいつも雨」 ではないが 小雨の中の出発だった。

 

 

しかし 

 

 

西に向いて走る愛車は 県境を迎えるころには 晴れ間を見る。

 

 

見よ! この晴れ男晴れ女の力を!!

 

 

今日の目的地は 博多。

 

 

博多で蔵元さんと 熱き焼酎談義の予定。

 

 

途中 下松(くだまつ)SAにて 軽く昼食。

 

 

旅の途中は 普段は食べなさそうなものを食べてみる。

 

 

 

 

さて 関門海峡を渡る。

 

 

 

 

 

トンネルを超えると そこは 九州。 旅の始まり。

 

 

 

予定通りの到着に まずはお風呂で汗を流す。

 

 

蔵元さんも おやじの行動は把握済みで

 

 

「まずはお風呂でしょ! 汗を流してください。 ○時に下で待っています」

 

 

さてさて さっぱりして 出動。

 

 

「おひさしぶりです!!」

 

 

「ようこそ! 遠くまで」

 

 

今宵は どこへ行くのやら・・・知らされていない。

 

 

案内されるまま 歩みを進める。

 

 

 

 

まずは お薦めの 「水炊き」のお店へ。

 

 

初めて食するが なかなか旨味があり 鶏の良さが表現されていて 美味しい。

 

 

きちんとしたいい鶏を使うと シンプルな味で食することができる。

 

 

食材を選び 食材の旨さを引き出す。

 

 

これぞ 食する贅沢。

 

 

話の内容?! 

 

 

熱き話に花が咲き 

 

 

時折 「お話も熱そうですが お料理も温かいうちにどうぞ💛」と声をかけられる。

 

 

素敵な若女将のご挨拶も受け おやじはにっこり。

 

 

素早く 名刺を渡す。

 

 

締めは雑炊を作ってくださり お腹も心も満タンに 店をあとにする。

 

 

 

さて 2件目は バーである。

 

 

おやじに出された 『響』の水割りの美味しいこと!!

 

 

「水割り」 というよりも 「水との調和」「水との共演」「水との融合」である。

 

 

「美味しい」という陳腐な表現しかできない自分が情けない・・・。

 

 

それほど 衝撃的な一杯だった。

 

 

一杯一杯を楽しむと同時に たくさんの学びの時間でもあった。

 

 

バーテンダーさんの 知識、経験からくる手法であったり

 

 

手法の論理付けであったり

 

 

当たり前の手法と丸呑みしていたことの 違う角度からの論点であったり。

 

 

歴史であったり。

 

 

本当に 時間を使ってくださり ありがとうございました。

 

 

また

 

 

私の気持ちを察し このバーのカウンターを選んでくださった蔵元さんに感謝。

 

 

たくさん感じたことを整理しつつ

 

 

今後の 焼酎の提供に活かしていきたいです。

 

 

 

バーの階段を降りて 再び街に出ると

 

 

祇園山笠の準備期間 衣装を身につけたおじさんたちが ほろ酔いで前を横切りました。

 

 

この期間 この衣装が 『正装』 で冠婚葬祭もこれでOKとか。

 

 

「ラーメン食べましょう」 のお言葉は 丁重にお断りして

 

 

「おやすみなさい」 と別れました。

 

 

ホテルに戻る途中 サイレンのけたたましい音が。

 

 

ホロホロ・・・と寄り道。

 

 

 

 

酔ってのことか 騒いでおられる方が・・・

 

 

肩固めで うつぶせに・・・。

 

 

「都会だのぅ〜」 とおやじ。

 

 

ふと視線を感じると

 

 

「撮って」 と言わんばかりの笑顔のおやじ。

 

 

こうして 

 

 

久しぶりの博多

 

 

熱き焼酎談義

 

 

たくさんの学び の夜は更けました。

 

 

大きく息を吸って 吐いて  布団の中・・・ 即おちました。

author:焼酎女将, category:2016年 6月 福岡・熊本・鹿児島・宮崎・大分の旅, 16:01
comments(0), trackbacks(0), - -